陣馬山一人登山

陣馬山新ハイキングコースを経由して、いよいよ陣馬山登山スタートです。

ひたすら道を歩いていきます。

足元は土と石とが混ざっています。

ところどころに標識がありますが、後何キロかを示す数字が無く、どれだけ達成しているのかわかりにくくなっています。

土の道を登っていきます。

全体として、手を使って登るほどのところはありませんが、軽く手を添えて登ると、より安全です。

足の膝の角度が90度くらいになる場所もありますので、結構辛い登山です。

道もどこを登ればいいのか、迷うこともあります。基本的に、上に登っていくことに専念します。

木と、その根っこ。根っこに引っかからないように登っていきます。

標識。行き止まりもあるようなので、間違えないようにしたいところです。

足元は枯葉でいっぱいです。このため、足への負担は少なくなりました。

赤くなっている葉も見かけます。

時折平坦な場所もありますが、ほぼ登り一本調子です。

正しいルートには木にペンキなどで印がつけられているため、その印を目指して進みましょう。ペンキ以外にも紐がくくられたりしています。

陣馬山山頂に向け、まだまだかかります。

分岐点。直接、高尾山や景信山に向かうか、陣馬山山頂を経由するかを選べます。

再び分岐点。和田峠との合流点のようです。

やや緩やかになってきました。

頂上に向け、あとわずかです。

頂上付近にも分岐点がありましたが、どちらに行っても頂上に着くと思われます。

最後の道を進み、ようやく頂上に到着。

10時45分と、陣馬高原下バス停から1時間30分程度、陣馬山新ハイキングコース入口から1時間10分程度でした。

adsense

陣馬山 一人旅の旅行記

2015年12月上旬の平日の、東京都の陣馬山から高尾山にかけての縦走一人登山の旅行記です。

  1. 陣馬山 一人旅
  2. 陣馬山一人登山の準備
  3. 高尾駅から陣馬高原下への行き方
  4. 陣馬高原下から陣馬山登山口まで
  5. 陣馬山一人登山
  6. 陣馬山頂上
  7. 陣馬山から明王峠
  8. 明王峠から堂所山
  9. 堂所山から景信山
  10. 景信山山頂
  11. 景信山から小仏峠を経由し小仏城山
  12. 小仏城山から高尾山
  13. 高尾山頂上
  14. 高尾山頂上から下山
  15. 高尾山口駅の温泉「京王高尾山温泉極楽湯」
  16. 陣馬山 一人旅の費用
  17. 高尾山 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense