東京駅から名古屋駅へ、そして名古屋城への行き方

東京駅から新幹線に乗って名古屋駅を目指します。

6時20分発ののぞみ293号の指定席を購入。11090円。

この時間帯だと自由席も席が余っていたので、東京駅から乗るのであれば、自由席でも良かったかもしれません。

500円くらい、お得になります。

自動券売機で指定席の座席を見て、結構空いているようなら、自由席を買った方がいいかもしれません。

逆に、指定席が埋まってきているようであれば、自由席も埋まる可能性が高いため、指定席で確実に席を確保するのも良いでしょう。

8時1分に名古屋駅に到着。

名古屋駅を外から。太閤通口側です。

ですが、今回利用するバスターミナルがあるのは桜通口側のため、場所を間違えていました。

太閤通口は、主に長距離用のバスを利用する際に利用します。

桜通口側に行くと、「市バスターミナル」の案内板も見えます。

その方向に行くと、バスに乗ることが可能です。

バスターミナルはどこで乗ればいいかわかりにくいですが、「基幹2号系統」が止まる場所か、「なごや観光ルートバス
メーグル」を活用しましょう。

観光バスは、時間が早いと稼働していません。平日は9時30分から30分か1時間間隔で運行しています。

このため、今回は基幹2号系統を利用しました。

別の駅「栄駅」からもバスが出ています。栄駅は名古屋近くにある別の駅で、比較的発展している駅です。宿泊先などで利用すると良いでしょう。

この他、地下鉄なども活用できますが、乗り換えが必要になるため、バスがお薦めです。

降りるバス停は「市役所」。市役所の側に名古屋城があります。

名古屋城方面。

ちなみに、市役所の天井も名古屋城と同じ色合いの瓦屋根になっています。

近くには愛知県庁もあります。こちらも同じく天守風瓦屋根。

adsense

名古屋城 愛知県 一人旅の旅行記

2018年4月中旬の平日に、愛知県の名古屋へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 名古屋城 愛知県 一人旅
  2. 東京駅から名古屋駅へ、そして名古屋城への行き方
  3. 加藤清正の像、名古屋城外にも存在
  4. 名古屋城、そして名古屋城天守へ
  5. 名古屋城天守の展示物
  6. 名古屋城本丸御殿、全面公開間近
  7. 名古屋城の敷地内を散策、加藤清正絡みの場所など
  8. 名古屋城 金シャチ横丁 義直ゾーンの矢場とんで昼食
  9. 名古屋城 愛知県 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense