岐阜城から下山、岐阜公園と岐阜市歴史博物館へ

岐阜城での見学が終わったため下山開始。

途中に井戸跡があります。少し道から外れなければいけません。非常時の貯水用として用いられていたとのこと。

塀。穴は鉄砲狭間と弓狭間で、鉄砲や弓を打つところです。

途中、お店があり、ここでは展望エリアも用意されています。

ロープウェー。

遠くの様子。

岐阜駅方面。

イノシシに注意。

ロープウェーに到着。

時間が来たので発進。

途中、信長公居館跡発掘中の場所もありました。一部は中に入ることができます。

ロープウェーから降りて外に出ます。乗り場には岐阜城の模型もあり、全体像が分かりやすくなっています。

ロープウェーで降りてくるときに見えた信長公居館跡発掘中の場所。

中にも入れます。

三重塔。これは大正時代からの物のため、戦国時代とはなんら関係ありません。

小川もあるため、少し涼しめ。とはいえ、この日は季節外れの30度近い気温だったため、慰めにもなりませんでした。

場所を移動して岐阜公園内の池。この辺りは涼しめ。

織田信長公居館に向かう入り口の門。

岐阜公園の様子。

池。ここだけが涼しげです。

板垣退助像。「板垣死すとも自由は死せず」の人物です。ただ、この発言があったとされる岐阜事件で亡くなってはおらず、その後も生き続けています。また、実際に言ったかどうかも不明です。

そして、公園を抜け、岐阜市歴史博物館に到着。

特別展もやっていましたが、今回は歴史にスポットを当てたかったので、常設展のみ。300円。

2階に上がり、中に入ります。一部撮影可能でしたが、いまいちその場所がわからず、写真を撮っていたら指摘されました。どうやら体験コーナーのみ、撮影可能とのこと。

だが、何が体験コーナーなのかもよくわからず。

約1時間ほど展示を眺めていました。

ただ、この段階で、強烈な眠気と、その眠気と岐阜城までの移動による疲れとによって、立っているのも辛い状態に。

日頃の体調管理の重要さを改めて実感させられました。

この後、別方向に移動しますが、別の門の場所にあった織田信長の像。

また、織田信長公岐阜入場、岐阜命名450年の幟も。この450年という節目に、さまざまなイベントが行われているようです。

岐阜城を見上げつつ、次の場所に向かいます。

adsense

岐阜城 岐阜 一人旅の旅行記

2017年10月中旬の平日に、岐阜の岐阜城へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 岐阜城 岐阜 一人旅
  2. 織田信長が出迎える岐阜
  3. 岐阜ロープウェイ、岐阜城への行き方
  4. 岐阜城までの道のり
  5. 岐阜城 天守
  6. 岐阜城資料館、信長公の隠れ家
  7. 岐阜城から下山、岐阜公園と岐阜市歴史博物館へ
  8. 崇福寺、織田信長、信忠の親子の霊廟所
  9. 岐阜牛料理「匠味」で岐阜牛を堪能
  10. 長良川温泉 ホテルパークの部屋と温泉
  11. かじか、長良川近くのお店で鮎料理、鵜飼なども
  12. 長良川温泉 ホテルパークの朝食、そして関ヶ原へ
  13. 岐阜城 岐阜 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense