名古屋城 金シャチ横丁 義直ゾーンの矢場とんで昼食

名古屋城周辺に2ヶ所、飲食エリアが2018年3月29日にオープンしました。

それぞれ歴代城主の名前を用いており、一つは義直ゾーン、もう一つは宗春ゾーン。

今回は正門に近い義直エリアで食事をすることに。

道路にはタイルを用いた城の絵を発見。

そして、金シャチ横丁に到着。

両側にお店が立ち並ぶエリアです。

いろいろと名古屋名物を提供するお店が多くあり、ここに来るだけで名古屋のグルメを楽しめます。ある意味、迷わずに名古屋グルメを堪能できると言えるでしょう。

今回訪れたのは「矢場とん」というお店。

スタッフが外で案内をしています。半纏には豚のマスコットキャラクターが。

トンカツに名古屋の赤味噌ダレをかける料理です。愛知県の地域では豆味噌を用いているため、他の地域の米味噌や麦味噌などと味わいが異なります。

さっそく中へ。早めの時間に訪れましたが、中は混みあっていました。

カウンター席に案内されました。他、テーブル席もあります。

入り口入ってすぐの豚の相撲取り風の展示。

メニューを眺めます。

いろいろとある中、今回は「鉄板とんかつ」を選びました。単品で1300円プラス税。

メニューを改めてみたら、ロースかひれを選べたようです。何もスタッフから聞かれることなく、ロースが出てきました。

かわいらしい豚のマスコットキャラクター。

いろいろなところに用いられています。

柱にも記されている他、小さな鯱も発見。

東京などにも展開しているとか。東京駅にもあったようで、ここで食べる必要があったのか、と自問自答しました。

お店のこだわり。

テーブルは畳の上にガラス板が張られ、畳みの縁はこれまた豚のマークが。

そして、鉄板とんかつが到着。

テーブルで別途用意された味噌をスタッフがかけて、調理が完了。鉄板の熱によって味噌がいい感じに熱せられていきます。

途中、テーブルにあったゴマを振りかけ、味を少し変えます。他にも練り辛子などもありました。

食べ終え、お店を後に。お会計を済ませ、1404円でした。

別途、東門近くには宗春ゾーンも。こちらはカフェなどもあります。

帰りはこの東門方面にあるバス停の市役所から名古屋駅に戻ります。観光バスなら、正門前からも出ていましたが、30分に1本ペースでした。

このバス停の市役所は、降りた時とは別の場所にあります。道路の中央部分に位置しているため、信号を渡って中央に。

バスが到着し乗り込みます。別の場所に向かうバスもあるので注意が必要です。

20分ほどで名古屋駅に到着。210円でした。

そして、次の目的地の熱田神宮を目指します。

adsense

名古屋城 愛知県 一人旅の旅行記

2018年4月中旬の平日に、愛知県の名古屋へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 名古屋城 愛知県 一人旅
  2. 東京駅から名古屋駅へ、そして名古屋城への行き方
  3. 加藤清正の像、名古屋城外にも存在
  4. 名古屋城、そして名古屋城天守へ
  5. 名古屋城天守の展示物
  6. 名古屋城本丸御殿、全面公開間近
  7. 名古屋城の敷地内を散策、加藤清正絡みの場所など
  8. 名古屋城 金シャチ横丁 義直ゾーンの矢場とんで昼食
  9. 名古屋城 愛知県 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense