永観堂を観光

永観堂(えいかんどう)は、「永観堂 禅林寺」が正式名称のようです。敷地内に入ってしばらく歩くと拝観料を払う場所があります。ややお高めの600円となります。

入ってすぐの辺りは比較的広々としたスペースになっています。

休憩所なども用意されています。

昔の浴室も見ることができます。当然、お湯は入っていません。

そして、御堂の方に進みます。

堂内写真撮影禁止の看板がありましたので、写真は控えました。

しかし、後々尋ねると、建物内は禁止ですが、縁側から見た庭などは撮影しても問題なかったようです。一通り見終わってからこの件を聞いたため、結局あまり写真は取りませんでした。

入って比較的すぐの辺りを撮影しています。

縁側と石庭がありました。縁側でのんびりくつろぎながら、庭を楽しめます。

ここから先もいろいろと御堂がありました。階段を上って進むところもあり、やや怖い感じがしましたが、その先にも御堂があり。一通り見ると、結構な時間になります。

建物内から出て、敷地内を再び探索。結構広く、歩きまわるところが多くあります。

池もあり、鯉も泳いでいました。

ここの目玉の一つに多宝塔があります。この塔の場所から地上を見下ろすと、結構遠くまで見ることができます。

登るときに階段が大変ですが、頑張って登っていきましょう。

どういったものが見えるかの案内版もあります。

少し休憩した後、再び降りていき、そしてまた敷地内を見学。

再び池を見つけ、鯉を見たり、鴨を見たりとのんびり過ごし、そして永観堂を後にします。

adsense

新都ホテル 京都一人旅の旅行記

当日訪れた場所と、最終日の3日目の東京へ戻るまでを紹介しています。1日目は『京都センチュリーホテル 京都』をご覧ください。

  1. 新都ホテル 京都 一人旅
  2. 京都センチュリーホテルから新都ホテルへ移動
  3. 銀閣寺に向け出発
  4. 京都駅からバスで銀閣寺へ、その後徒歩
  5. 銀閣寺を観光
  6. 法然院を観光
  7. 法然院から永観堂へ徒歩で移動
  8. 永観堂を観光
  9. 南禅寺を見ようとしたものの諦めて蹴上駅へ
  10. 二条城を観光Part1
  11. 二条城 清流園でお茶
  12. 二条城を観光Part2
  13. 新都ホテルの部屋
  14. 新都ホテルのその他施設
  15. 京都駅の伊勢丹にある飲食店や周辺をチェック
  16. 京都和久傳で夕食
  17. 京都駅近辺の夜景を堪能
  18. 新都ホテルの夜景
  19. 新都ホテルの朝食は京大和屋にて
  20. 新都ホテルを出て用事を済ませ、京都から東京へ戻る
  21. 新都ホテル 京都一人旅にかかった費用
  22. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense