龍潭寺の日本庭園、抹茶、井伊家の墓

龍潭寺の中に入ってすぐのところにカウンターがありますが、そこで抹茶一服を注文。500円。

近くの部屋に移動して待っていると、抹茶と菓子が届けられます。

菓子を袋から取り出すと、井伊家の家紋をあしらったお菓子が入っていました。外側は干菓子のようで、中は餡子が入っています。

この部屋からも庭園を見ることはできますが、見られる良い位置に展示物などがあり、抹茶を頂きながらゆっくり庭園を見るということができず残念。これならば、庭園正面の縁側で抹茶サービスをした方がいいような気がします。

龍潭寺の本堂内を一通り見終えた後、本堂を後にしました。

約30分ほどの滞在時間。

この後、龍潭寺の敷地内を歩き回ります。

仁王門。仁王門がある方向が表参道です。自動車で来る人は、こちら側から来ることができるのではないでしょうか。

表参道入口辺りにある名称龍潭寺庭園の記念碑。

バスで来ると、その手前の脇道から本堂を目指した方が早いです。

仁王門方面から見た本堂。

花もチラホラ咲いていました。

龍潭寺の奥の方に向かいます。

奥は墓になっています。一般の方のお墓もあります。

道沿いに移動すると、井伊氏歴代の墓所もあります。

正面右が初代の井伊共保、左が22代の井伊直盛です。

左側の一番手前が24代の徳川四天王の一人の井伊直政、奥から2番目が井伊直虎の墓とのこと。

本堂がある方向を裏手から見た様子。

この墓のある場所をさらに奥に進むと、井伊谷宮の裏手に到着します。

adsense

井伊谷 一人旅の旅行記

2016年5月中旬の平日に、静岡県の井伊谷へ一人旅の旅行記です。

  1. 井伊谷 一人旅
  2. 浜松駅前から井伊谷へバスでの行き方
  3. 龍潭寺、井伊直虎ゆかりの寺
  4. 龍潭寺の日本庭園、抹茶、井伊家の墓
  5. 井伊谷宮
  6. 井伊家初代共保出生の井戸
  7. 妙雲寺、井伊直虎の菩提寺
  8. 井伊谷城跡
  9. 井伊谷から浜松駅前へバスでの行き方
  10. 八百徳、うなぎ屋でうな重
  11. うなぎパイ、源氏パイをお土産に
  12. 井伊谷 一人旅の費用
  13. 浜松 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense