日本最西端 与那国島

久部良漁港付近からさらに日本最西端を目指します。

途中で見かけたのがテキサスゲートと呼ばれる場所。道路に段差が設けられています。

自転車をレンタルする際の説明書きにも書いてありましたが、ここを勢いよく自転車で通ると、パンクの恐れもありますので、この場所は降りて進む必要があります。

ちなみに、溝はさほど深くありません。

このテキサスゲートは、馬がこの先に逃げ出さないようにするためのものです。

少し高台から見た久部良港。

そして、いよいよ日本最西端の地域までやってきました。

日本最西端の展望台東屋と書かれたプレーと共に、カジキのモニュメントがあります。

見上げると、東屋と灯台が。

東屋まで来ると、壁面に絵でこのエリアの風景が描かれています。

そして、ついに日本最西端に到着。

「日本国 最西端之地 与那国島」の文字が岩に書かれています。

さらに裏手に回り、海の向こうを眺めます。天候が良いと、台湾が見えるとのことですが、残念ながら見えませんでした。

この日は天候自体は悪くないのですが、4月という季節の影響か、夏場のような真っ青な空というわけにはいかず、どうしても遠くが薄く霞がかって見えてしまいます。

日本最先端の花。

他にもモニュメントがあり、「太陽の火」。

海もきれいです。

「太陽の火」と「日本国 最西端之地 与那国島」の位置取り。

日本最先端の東屋。東屋は休憩所という意味です。四阿とも書きます。

東屋に入ると、周辺の地図が地面に描かれています。

東屋から見た日本最先端のモニュメント側。

この後、さらに進み与那国島の南側の様子。

下には駐車場も見えます。トイレもありますので安心です。

久部良港。

西崎灯台。道中、この灯台を目指して進むと迷わずに移動できます。

沿岸を掘削することを禁止した看板。ここを削られると、日本の排他的経済水域が狭くなりますので重大な問題となります。

これで一通り、日本最西端を堪能し、引き続き与那国島南方をサイクリングしていきたいと思います。

ちなみに、与那国空港から自転車で、寄り道しつつで1時間で訪れています。

一人旅で訪れていた別の人が居たほか、家族連れもいました。

昼間はあまり人はいませんが、夕方になると、日本で最後に日が沈む場所として多くの人が訪れるようです。

adsense

与那国島 一人旅の旅行記

沖縄3泊4日の一人旅の旅行計画の段階から取り上げていきます。

出発後は、1日目の与那国島を中心に紹介。

  1. 与那国島 一人旅
  2. 沖縄3泊4日の旅行計画を直前に決める
  3. 羽田空港から与那国空港まで、石垣島での乗継で移動
  4. 与那国空港
  5. アイランドホテル与那国の部屋と施設
  6. アイランドホテル与那国で電動アシスト付自転車のレンタサイクルを利用
  7. 旅果報 与那国空港の飲食店で与那国そばを食す
  8. ダンヌ浜
  9. 久部良バリ
  10. 与那国島の港「久部良漁港」
  11. 日本最西端 与那国島
  12. 与那国島の南側、与那国馬など
  13. Dr.コトー診療所、与那国島南側にて
  14. 立神岩
  15. 東崎灯台と与那国馬
  16. 与那国島集落「祖内」
  17. アイランドホテル与那国の夕食
  18. アイランドホテル与那国の朝食
  19. 与那国島 一人旅の費用
  20. 石垣島 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense