塩原温泉 湯守田中屋の露天風呂、室内風呂

塩原温泉の湯守田中屋の露天風呂は2か所あります。ともに旅館から出て目の前にありますが、自動車が通る道路を通りますので注意が必要です。信号がありませんので、しっかりと左右を確認してから渡りましょう。

一つの露天風呂は階段の段数も少なめで、階段自体も段差が統一され、しっかりしたものなので、比較的入りやすいお風呂です。ただ、夜は予約制になっておりますので、できれば旅館到着したら早めに一度は入っておきたいところです。渓谷を見下ろす形のお風呂で、木にで作られた浴槽に漬かることになります。男女別の浴槽が用意されていますので、異性の目を気にせずに入れます。

もう一つの露天風呂がこの旅館の名物ともいえるもので、段数が約300段で、しかも舗装等がなされておらず、段差自体もまばらで下手すると転んでしまいそうになるような、そんな階段を下りて行った先にある露天風呂です。

風呂は女性専用が1つ、混浴が3つとのことなのですが、混浴のほうは目視で2つしかありませんでした。もうひとつは、近くの川の水が入ってきているからなのか、冷たくなっており、温泉と呼ぶにはやや辛い状況でした。季節や水嵩によって、入ることのできるお風呂かどうか変わるような感じです。

今回は冬場に訪れたので、寒くて入れませんでしたが、夏場でしたら水風呂として利用できるのかもしれません。

混浴ですが、水着やタオルなどをつけて入ることもできるようで、特に注意書きはありませんでした。

宿泊客だけでなく、車などで外部から訪れる人も多くいます。料金は有料ですが、他の旅館に泊まり、温泉だけ利用するということも可能です。

実際、男女で来ている外部と思われる客が数組おり、露天風呂のほうにも男女ともに一緒に入っておりました。

このように外部からも利用される露天風呂です。

川を眺めながら入ることもでき、春から秋にかけては緑も豊かになるでしょうから、眺めもよろしいのではないでしょうか。

室内風呂に関しては、ジャグジー風呂があったり、寝そべることができるスペースがあったりと、ゆっくりとお湯につかることができます。階数の上の階にあるため、窓からの景色も良く、混浴風呂が嫌であったり、階段の上り下りが大変であったりする人は、こちらの室内風呂を堪能するのも良いのではないでしょうか。

adsense

塩原温泉 湯守田中屋の旅行記

今回、塩原温泉 湯守田中屋の模様を掲載した旅行記を紹介します。一人旅の参考になれば幸いです。2泊3日の旅行日程の2日目になりますので、1日目の宿泊先「作並温泉 鷹泉閣 岩松旅館」の最寄駅からの旅行記になります。

  1. 塩原温泉 湯守田中屋 一人旅
  2. 作並駅から那須塩原駅へ、塩原温泉 湯守田中屋に向けて出発
  3. 仙台駅で牛たん屋「利久」で昼食、その後那須塩原駅へ
  4. 那須塩原駅から塩原温泉 湯守田中屋にバスで移動
  5. 塩原温泉 湯守田中屋での出迎え
  6. 湯守田中屋の部屋模様
  7. 湯守田中屋の夕食は部屋食
  8. 湯守田中屋の朝食はバイキング
  9. 湯守田中屋での朝からチェックアウトまで
  10. 那須ガーデンアウトレットへ出発
  11. 那須塩原駅から東京駅へ
  12. 塩原温泉 湯守田中屋の露天風呂、室内風呂
  13. 塩原温泉 湯守田中屋の一人旅にかかった費用
  14. 塩原温泉 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense