京都御所の周囲を散策

大宮御所の北西には京都御所があります。

門構えも大宮御所と異なり、荘厳な感じがします。

彫り物もしっかり施されています。

いったん京都御所から離れ、北東側にある京都迎賓館を目指します。

こちらも中に入る事は出来ませんでした。

道沿いに進んでいき、北東辺りに到着。その場所から西に向かいます。

途中、中山邸跡がありました。

この場所で明治天皇が生まれたとのことです。

また、奥には井戸もあります。これも明治天皇が住んでいた時に掘られた井戸とのことです。

そのまま道沿いに西に進むと、再び京都御所の塀に沿って移動することになります。

京都御苑の北側の門である「今出川御門」。この先には同志社女子大学があります。

京都御所の北川の門「朔平門」。当然入る事は出来ません。

この近辺に来た時、ブザー音が鳴り響き。立ち入りがどうとかというアナウンスが流れていました。誰かが敷地に近付いたための警告のようです。この場所以外でも、大宮御所近くでも、塀のすぐ脇の溝を歩いている人がいた時に、ブザー音と警告メッセージが流れていました。

スタッフが塀を掃除している時にもブザーが鳴ったりしていましたが。

ブザー音などは気分的によくありませんが、安易に近寄ってしまう人などもいるようで、仕方ないのかもしれません。ブザー音が鳴っていても、塀から離れない人もいましたし。

そうしたことを考えつつ、移動。

京都御所内はほとんど見えませんが、北側からだと建物の上部が少しだけ見えます。

ハト。

京都御所の西側には中立売休憩所があります。京都御苑の西側の出口である「中立売御門」の近くにあるので、この名前になっています。

自動販売機があるほか、飲食も可能です。京都らしい食事ではありませんが、気楽に食事が出来ます。

また、休憩所の脇には展示ホールも。京都御苑のどこに何があるかが分かる模型や、映像などが見られます。

本来であれば映像をゆっくりと眺めたかったのですが、暑さもあってのんびり出来る状況でもなかったため、すぐに立ち去りました。

歩いて行き、京都御所の北西側に到着。ここには清水谷家の椋があります。「椋」は「ムク」と読みます。ムクの樹です。昔、清水谷家の屋敷がここにあったことから、このような名前のムクになっています。

京都御所の南の門「建礼門」。ここを見て、京都御所の周辺は一通りチェック完了。

もし機会があるのであれば、しっかりと予約して中の見学をしたいものです。

adsense

京都ホテルオークラ 京都 一人旅の旅行記

京都一人旅です。観光も少ししています。午前中に別の用事を済ませた後から話が始まります。

  1. 京都ホテルオークラ 京都 一人旅
  2. ラーメン藤 本店でラーメンを食す
  3. 京都ホテルオークラへ、前金など
  4. 京都ホテルオークラの部屋
  5. 京都ホテルオークラの設備
  6. 京都一人旅での食事処を探したものの
  7. 京都ホテルオークラの朝食
  8. チェックアウトし、京都御苑を目指すことに
  9. 京都御苑を散策
  10. 京都御所の周囲を散策
  11. 京都御苑の白雲神社など
  12. 京都御所 閑院宮邸跡へ
  13. 京都御苑の宗像神社、拾翠亭など
  14. ホテルに戻り、新幹線乗り場に行く前に買い物を
  15. 辻留の弁当を新幹線内で堪能
  16. 京都ホテルオークラ 京都 一人旅の費用
  17. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense