星野リゾート アンジンの夕食

夕方になりました。

星野リゾート アンジンの夕食は食事処で行います。

フロントの前にある階段を上り、食事処「呉須丹」へ。

扉はないものの、個室になっています。

パッと見たところ、一人で利用している人はいませんでしたが、ホテルの予約状況を見ていると、このホテルに一人旅で訪れている人もいるようですので、あまり気にせずに。

テーブルに着席。壁を睨むような形で陣取ります。

飲み物のメニュー。アルコール類からノンアルコールなど。

今回はウーロン茶を注文。400円。

メニューも置いてありましたので、一読することに。

台ものと甘味は複数の中から選択できます。台ものは「台もの八寸」を甘味は「栗のあんみつ仕立て黒蜜ムース」を選択。

料理は順番に運ばれてきます。食前酢はやまもも酢。

八寸は蟹と菊花の砧巻き、フォアグラ干し柿、寄せ豆乳春菊味噌八方だし、小松菜と焼き椎茸のお浸し、鴨燻製とりんごの串、鮭煎餅アーモンド、くずし茄子
とんぶり 飛び子、ずいきの土佐和え。

鮭煎餅がおいしかったです。他も上品な味のため、ゆっくりかみしめつつ食します。

一人旅の場合、どうしても困るのが食事の時間。多少手持無沙汰になってしまいますが、メニューでどういった物かを把握しつつ味わって食べることで、食の時間を充実させて過ごすことができます。

南京のすり流しです。大根餅の揚げだし、棒蟹、絹さやが入っています。

南京は南瓜(かぼちゃ)のことです。クリーミィで濃厚な味わいです。揚げだしの触感も魅力的。

伊豆の地魚
お造り取り合わせです。プランで伊勢海老の刺身も含めるものを選んだため、伊勢海老も付いています。これによって宿台が一気に高くなりましたが。量はそれほど多くなく、もうちょっとガッツリ食べたいと思ったりもしましたが、甘みのある味に満足。

他の刺身は金目と、後2つ。詳細を忘れました。

醤油だけでなく、塩も用意されました。

続いて揚げ物として白魚新丈揚げ、旬野菜天麩羅が到着です。抹茶塩やレモンも付いています。普通の塩は刺身の時に利用した物を再活用。

白魚新丈揚げは、白身をすり身にして揚げたものです。

蓋物は湯葉と百合根のおぼろ蒸しです。茶碗蒸しのようなものです。中には湯葉が入っている他、上には百合根としょうがのすりおろしが乗っています。緑色は翡翠めん。翡翠めんはホウレンソウなどで緑の色を出しています。ここで何を材料に使っているかは不明ですが。

台ものは選択した「台もの八寸」八寸は大きさのことで、24cmくらいのことを指します。お皿に盛ってある料理という意味です。台ものは、台の上に乗っているという意味です。24cm程度の台の上にある料理という意味でしょう。

台もの八寸の内容は、金目鯛の煮つけ、金目鯛の柑香蒸し、伊勢海老カダイフ揚げ、鮑のソテー。

金目鯛の煮つけ、金目鯛の柑香蒸しは、単品でも選べましたが、こちらの方がいろいろ楽しめて良い感じです。

伊勢海老は中身などはなく、団子状になっている部分のみ食べることができます。

金目鯛の柑香蒸しに使われているのはオレンジ系の食材です。手前のつけだれにつけて食べます。つけだれにも柑橘系の物が入っています。

いよいよ締めに入ります。

白飯、止め椀、香のもの。日本料理の定番の締めです。止め椀は赤だし系の味。

そして最後に甘味が出ます。選択した「栗のあんみつ仕立て黒蜜ムース」が到着。別途用意されている黒蜜をかけて食べます。

以上で食事が終了。1時間15分の夕食でした。

全体的に味は上品でおいしくいただけます。男性でよく食べる人からすると、もしかしたら物足りないかもしれません。ただ、ゆっくり食べることで満腹感も増していくため、がつがつ食べず、味を堪能しつつ食べていきたいものです。

帰り際、他の部屋を一瞥してみましたが、一人客は見当たりませんでした。

この後、部屋に帰る前に庭園を覗き見ます。ランプが照らされ、良い感じに。

部屋に帰って部屋の露天風呂を楽しみ、そして就寝。

adsense

伊東温泉 星野リゾート アンジン 一人旅の旅行記

伊東温泉の旅行記になります。あまり観光をせず、宿情報が中心となります。

  1. 伊東温泉 星野リゾート アンジン 一人旅
  2. JR特急スーパービュー踊り子で東京駅から伊東温泉へ移動
  3. 伊東駅から星野リゾート アンジンへ移動
  4. 星野リゾート アンジンでチェックイン
  5. 星野リゾート アンジンの部屋
  6. 星野リゾート アンジンの露天風呂、大浴場、庭園
  7. 星野リゾート アンジンの夕食
  8. 星野リゾート アンジンの朝食
  9. 星野リゾート アンジンをチェックアウト、伊東駅へ移動
  10. 伊東温泉 星野リゾート アンジン 一人旅の費用
  11. 伊東 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense