水戸 偕楽園 一人旅の費用

交通費は東京駅から訪れたら、という過程で計算しています。

もっとも、東京駅から水戸駅へ行っても、上野駅から水戸駅へ行っても、料金は変わりません。

間違って途中でグリーン車券を購入したりしたため、無駄に割高になりました。もっと安い価格で水戸駅に行くことが出来ますので、そうした方法も検討してみましょう。

夕食の常陸牛の価格はちょっとお高めです。この辺りをもうちょっと安いものにすると、あまり費用をかけずに水戸一人旅が楽しめると思います。

日帰りにしては費用がかかり過ぎのような気もしますが、工夫次第で気軽に訪れることができる場所です。

■交通費:7590円
東京駅から水戸駅(途中グリーン車利用):3160円
偕楽園東門から泉町一丁目(バス):180円
泉町一丁目から松ヶ丘二丁目(バス):230円
松ヶ丘二丁目から水戸駅(バス):280円
水戸駅から東京駅:4020円

■宿泊代:0円

■観光代:1190円
映画「桜田門外ノ変」オープンセット:500円
義烈館:300円
好文館:190円
水戸タワー:200円

■食事飲料等:5070円
鈴龍:890円
常陸牛きくすい:4180円

■その他:0円

■合計:13850円

仮に東京駅から水戸駅まで往復した場合の費用の差額

電車で行けば片道2210円、バスで行けば2080円で移動可能です。ここではバスの料金で、今回との差額を紹介しています。

交通費でもかなりの費用を節約できます。バスでも特急を使わない電車と同じくらいのスピードの約2時間で到着できますので、バスの空きがあるのであればお薦めの交通手段です。

■交通費:4850円
東京駅から水戸駅(バス):2080円
偕楽園東門から泉町一丁目(バス):180円
泉町一丁目から松ヶ丘二丁目(バス):230円
松ヶ丘二丁目から水戸駅(バス):280円
水戸駅から東京駅(バス):2080円

■差額:-2740円

adsense

水戸 偕楽園 一人旅の旅行記

水戸の偕楽園へ一人旅の旅行記です。偕楽園とその周辺、そして食は水戸ラーメンと常陸牛を堪能しました。

  1. 水戸 偕楽園 一人旅
  2. 水戸へ移動、寝過ごしに運休などのトラブル多発
  3. 上野駅から快速で水戸駅へ
  4. 水戸駅から水戸東照宮へ
  5. 水戸藩ラーメンを食べるために鈴龍へ
  6. 千波湖周囲を散策
  7. 映画「桜田門外ノ変」オープンセットへ
  8. 千波湖からSLデゴイチを見て、偕楽園へ
  9. 偕楽園近くの常盤神社、義烈館
  10. 偕楽園を散策
  11. 偕楽園の好文亭
  12. 偕楽園の表門、吐玉泉、御成門、東門を経て、バス停へ
  13. 水戸タワーへ
  14. 常陸牛きくすい、常陸牛を食す
  15. 水戸駅からスーパーひたちで上野駅へ
  16. 水戸 偕楽園 一人旅の費用
  17. 水戸 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense