水戸藩ラーメンを食べるために鈴龍へ

水戸東照宮を見た後、再び水戸駅へ戻り、今度は南口から移動をします。

目的は水戸藩ラーメンを食べるため。

水戸藩ラーメンとは、水戸黄門で有名な水戸光圀が日本で初めてラーメンを食したということから、その当時のラーメンを再現したラーメンとのこと。ただお店によって具材などが異なることから、完全に同じにしているというわけではなさそうです。

とりあえず、事前に調べておいた鈴龍というお店へ移動。

水戸駅の南口から移動します。

南口には一直線に伸びる大きな道路があるため、そこを南下していきます。

途中、さくら川があり、抜けてしばらく歩いたところを右折。

しばらくすると水戸市役所が見えてきます。

水戸市役所の少し先に鈴龍がありました。

中に入ると、ちょっと古めの中華料理屋の様相です。

灰皿があるため、タバコが吸える環境です。ですが、他にいたもう1グループの客もタバコを吸わなかったため、煙に悩まされることもありませんでした。

昼食時なのにお客が少ないのはどうなのかとも思いましたが。

とりあえず、水戸藩ラーメンを注文。890円。

のんびり待っていると、周辺の観光案内が書かれた用紙をいただきました。

どういった形で偕楽園に行くと見どころかという話も聞き。

他のグループ客とは震災に関してのお話なども。

さらにしばらく待っていると、鯛の唐揚げを持ってきました。これは注文していないのですが、サービス品とのことです。他のグループ客に対しても出していました。

この唐揚げ、結構なボリュームのため、これだけでお腹がいっぱいになってしまい。骨が固めなので、骨を取り除きつつ食べていきます。

そして水戸藩ラーメン到着。注文から17分ほどかかりました。

水戸藩ラーメンの特徴として、薬味が5種類ついてくる点です。

薬味の種類はニラ、ラッキョウ、ネギ、ニンニク、ショウガの5つ。五辛と呼ぶようです。

麺の上には大きめのチャーシューと、椎茸、チンゲン菜、メンマなど。他、クコの実など。

五辛は一気に全部入れるとのこと。

まずは麺のみを少し食べ、それから五辛を投入。

鯛の唐揚げを食べたことや、麺やチャーシューのボリュームが大きいこともあり、かなりお腹にこたえ。

全部食べましたが、お腹がいっぱいになりました。

味は濃くもなく。洗練された味というわけではありませんが、これはこれでおいしくいただけます。

食べ終え、お会計を済ませ、お店を後に。

一人客はいませんでしたが、そもそも他に1グループくらいでしたので、あまり一人であることを意識せずに訪れることができるでしょう。近くに水戸市役所があるので、そうしたお客も来るものと思われます。

adsense

水戸 偕楽園 一人旅の旅行記

水戸の偕楽園へ一人旅の旅行記です。偕楽園とその周辺、そして食は水戸ラーメンと常陸牛を堪能しました。

  1. 水戸 偕楽園 一人旅
  2. 水戸へ移動、寝過ごしに運休などのトラブル多発
  3. 上野駅から快速で水戸駅へ
  4. 水戸駅から水戸東照宮へ
  5. 水戸藩ラーメンを食べるために鈴龍へ
  6. 千波湖周囲を散策
  7. 映画「桜田門外ノ変」オープンセットへ
  8. 千波湖からSLデゴイチを見て、偕楽園へ
  9. 偕楽園近くの常盤神社、義烈館
  10. 偕楽園を散策
  11. 偕楽園の好文亭
  12. 偕楽園の表門、吐玉泉、御成門、東門を経て、バス停へ
  13. 水戸タワーへ
  14. 常陸牛きくすい、常陸牛を食す
  15. 水戸駅からスーパーひたちで上野駅へ
  16. 水戸 偕楽園 一人旅の費用
  17. 水戸 宿・地図
adsense
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加