水戸タワーへ

偕楽園からバスに乗り、駅に向けて移動です。

一旦駅に行き、それから夕食場所にでも行こうと考えていました。バスの運行状況が分からないため、駅前で確認して移動しようという考えからです。

しかし、途中のバス停「泉町一丁目」で突如降りることに。180円。

このバス停の近くには水戸タワーがあります。そのため、この水戸タワーを目指すために途中下車することにしました。

水戸芸術館の近くだとのことなので、まずは近くにあった地図を見つつ移動。横道から移動します。

すると、目の前に水戸タワーが見えてきました。

この水戸タワー。地震があった時に水戸の様子を伝える際、NHKがこの水戸タワーの方向を映して地震の揺れを伝える、そうしたタワーです。変な形状なので、知っている人も多いのではないでしょうか。

水戸タワーの周辺には水戸芸術館があります。

広場では子供も遊んでいました。

そして水戸タワーの中へ。

入場券を購入します。料金は200円。

ボタンは3階までとなっています。3階ではありますが、最上階が3階で展望室となっています。2分以内に上まで到着。

そして展望室へ。開けた展望室ではなく、出窓がついていて、その窓から下を見るような形です。

これは見難い、の一言。特定の場所を見ようとしても、うまく見ることができないなどが多々あり。

どこに何があるかの簡単な説明書きもあるのですが、その場所が遮られて見えないということもあります。

展望室内は狭く、1分もかからず降りたくなるような場所でした。

上に登る階段があるのもの、上は展望室ではなく、保守点検用の場所とのこと。

この展望室は、風が強いと揺れるようで、地震でもあったのかと思えるような揺れを感じつつ。

エレベータが到着するのを待って下に戻りました。登ったり下ったり、エレベータを待ったりした時間も含めて10分ほどの滞在でした。

再びバス停「泉町一丁目」に戻ります。

adsense

水戸 偕楽園 一人旅の旅行記

水戸の偕楽園へ一人旅の旅行記です。偕楽園とその周辺、そして食は水戸ラーメンと常陸牛を堪能しました。

  1. 水戸 偕楽園 一人旅
  2. 水戸へ移動、寝過ごしに運休などのトラブル多発
  3. 上野駅から快速で水戸駅へ
  4. 水戸駅から水戸東照宮へ
  5. 水戸藩ラーメンを食べるために鈴龍へ
  6. 千波湖周囲を散策
  7. 映画「桜田門外ノ変」オープンセットへ
  8. 千波湖からSLデゴイチを見て、偕楽園へ
  9. 偕楽園近くの常盤神社、義烈館
  10. 偕楽園を散策
  11. 偕楽園の好文亭
  12. 偕楽園の表門、吐玉泉、御成門、東門を経て、バス停へ
  13. 水戸タワーへ
  14. 常陸牛きくすい、常陸牛を食す
  15. 水戸駅からスーパーひたちで上野駅へ
  16. 水戸 偕楽園 一人旅の費用
  17. 水戸 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense