偕楽園近くの常盤神社、義烈館

偕楽園近くへ到着です。

梅の花がところどころ咲いています。

大日本史の完成を祝した石碑。大日本史は水戸光圀が始めた事業の一つで、日本の歴史を残すために書として残そうとしたものです。よくテレビドラマの水戸黄門で第1話辺りに書をしたためている姿が描かれています。

しばらく道なりに進んでいくと、出店が立ち並ぶエリアに。この辺りは偕楽園の東門近辺になります。

偕楽園に入る前に、近くにある常盤神社へ。

お守りやお札などの販売所。

本殿。

脇にある稲荷神社。

常盤神社から少し離れた位置には義烈館が。

こちらは有料で300円。

中には水戸光圀、徳川斉昭絡みの展示物があります。中は撮影禁止でした。15分ほど見学。

続いて常盤神社の脇の三木神社。安産や子育てなどに関連する神が祭られています。

周囲を一通り見た後、いよいよ偕楽園へ入ります。

adsense

水戸 偕楽園 一人旅の旅行記

水戸の偕楽園へ一人旅の旅行記です。偕楽園とその周辺、そして食は水戸ラーメンと常陸牛を堪能しました。

  1. 水戸 偕楽園 一人旅
  2. 水戸へ移動、寝過ごしに運休などのトラブル多発
  3. 上野駅から快速で水戸駅へ
  4. 水戸駅から水戸東照宮へ
  5. 水戸藩ラーメンを食べるために鈴龍へ
  6. 千波湖周囲を散策
  7. 映画「桜田門外ノ変」オープンセットへ
  8. 千波湖からSLデゴイチを見て、偕楽園へ
  9. 偕楽園近くの常盤神社、義烈館
  10. 偕楽園を散策
  11. 偕楽園の好文亭
  12. 偕楽園の表門、吐玉泉、御成門、東門を経て、バス停へ
  13. 水戸タワーへ
  14. 常陸牛きくすい、常陸牛を食す
  15. 水戸駅からスーパーひたちで上野駅へ
  16. 水戸 偕楽園 一人旅の費用
  17. 水戸 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense