天橋立観光船に乗る

傘松公園から下ってきて、続いて観光船のりばを目指します。

大通り方面に移動。後は案内板や海の方を目指して移動することで、観光船のりばに到着します。

観光船のりば一の宮駅に到着。

時刻表を見ると、だいたい30分に1本か、20分に1本。

目指すは天橋立。料金は520円。

自動券売機で購入できます。

時間がきたら船乗り場に案内されます。

乗るべき船が到着。

1階の座席。

カモメ用のえさが用意されています。1袋100円。かっぱえびせんです。

1階の縁の部分。

2階へ続く階段。

2階から見た一の宮駅。

前だけでなく、後ろにも階段があります。

しばらくして観光船が発船。

天橋立の方を眺めます。上から見るのと異なり、下からだと全景が分かりにくいため、単に松林が続いているようにしか見えません。

観光船はどんどん進んでいきます。

後ろ側。しぶきを上げてモーターが回転しているのが分かります。

傘松公園側の様子。

カモメも近くを飛んでいますが、数は少なく。誰もかっぱえびせんを与えていないのも影響しているのでしょう。

同じ日本三景の松島だと、鬱陶しいくらいにカモメが飛んでいますが。

舵と天橋立。舵を動かしても、その方向には行きません。単なる飾りです。

どんどんと進んでいきます。

2階部分。この時乗船したのは3組のみ。

天橋立の青い橋と、廻旋橋が見えてきます。

そして、廻旋橋近くの乗り場に接近。

無事、観光船のりば天橋立桟橋に到着です。かかった時間は12分ほど。

当然、こちら側から乗って、一の宮駅側に行くこともできます。

時刻表も似たようなもので、30分に1本や20分に1本といったところ。

これで、天橋立を十分堪能。

一度宿泊した文珠荘に戻り、預けておいた荷物を受け取り、いよいよ帰り仕度をすることに。

adsense

文珠荘 天橋立 一人旅の旅行記

2泊3日の京都一人旅の2泊目の旅行記です。

2日目は文珠荘でくつろぎ、3日目の帰る日に天橋立を堪能しています。

  1. 文珠荘 天橋立 一人旅
  2. 天橋立駅へ向け京都から特急まいづるで出発
  3. 西舞鶴駅からKTR線(北近畿タンゴ鉄道)に乗り、天橋立駅へ
  4. 文珠荘の部屋
  5. 文珠荘の露天風呂温泉「智恵のゆ」
  6. 文珠荘の夕食
  7. 文珠荘の朝食
  8. 天橋立ビューランドへ
  9. 天橋山 智恩寺へ
  10. 天橋立エリアに、廻旋橋、小橋立、天橋立運河など
  11. 天橋立を大橋立を通り反対側まで散歩
  12. 籠神社(このじんじゃ)へ
  13. 傘松公園へ府中駅からリストで移動
  14. 傘松公園から天橋立を眺める
  15. 天橋立観光船に乗る
  16. 松和物産で海鮮丼の昼食
  17. 天橋立駅からJR特急はしだてで京都駅へ、そして東京へ
  18. 文珠荘 天橋立 一人旅の費用
  19. 京都 天橋立 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense