文珠荘の夕食

文珠荘では、部屋食でした。

一人旅にはうれしい限りです。

事前に伝えていた夕食時間の15分ほど前から準備をするために仲居さんが訪れます。

そして配膳などを実施。結局食べ始めは指定した時間の10分前でした。

最初から一気に配膳されます。

前菜、刺身、焼肉用の石板など。

前菜はいろいろとあります。別途、小皿に豆腐もあります。

たぶん、高いプランを選んだからでしょうか。とり貝がついてきています。

焼肉。

火をつけるタイミングはお好みでとのこと。点火装置を置いていきました。さっそく焼いてみます。

後から届いた蕎麦。食べ応えがあります。

名前は忘れましたが、焼き魚。比較的高級な部類のお魚とのことです。

魚の揚げ物が入ったあんかけ状のもの。また牡蠣も別皿に盛られています。

最後はご飯とみそ汁、お漬物、そしてデザート。ご飯は鯛飯でした。最初、仲居に「たいめし」と言われて、国の「タイ」のお米を使っているのかと勘違いしたり。

「たいめし」は土鍋に入れられて運ばれてきます。

量はあまり入っていません。すでにある程度食べた後の土鍋の中。器への盛り方にもよりますが2杯から3杯分くらいでしょうか。

デザート。寒天で固められています。

一通り食べ終え、完食。1時間ほどで食べ終えました。

食事自体は満足。

ただ、できればメニューが欲しかったところです。いまいちどの料理が何なのか分からず。

説明などもあるのですが、覚えきれませんでしたし。聞いてすぐにメモを取るのもなにか違いますし。宿泊料金を考慮すると配慮がほしいところです。

食べ終えた後は庭に出て、天橋立運河をチェック。良い風情です。

食器を下げに着た後、布団を敷いてもらいました。

そして、しばらくのんびり過ごし、就寝。

adsense

文珠荘 天橋立 一人旅の旅行記

2泊3日の京都一人旅の2泊目の旅行記です。

2日目は文珠荘でくつろぎ、3日目の帰る日に天橋立を堪能しています。

  1. 文珠荘 天橋立 一人旅
  2. 天橋立駅へ向け京都から特急まいづるで出発
  3. 西舞鶴駅からKTR線(北近畿タンゴ鉄道)に乗り、天橋立駅へ
  4. 文珠荘の部屋
  5. 文珠荘の露天風呂温泉「智恵のゆ」
  6. 文珠荘の夕食
  7. 文珠荘の朝食
  8. 天橋立ビューランドへ
  9. 天橋山 智恩寺へ
  10. 天橋立エリアに、廻旋橋、小橋立、天橋立運河など
  11. 天橋立を大橋立を通り反対側まで散歩
  12. 籠神社(このじんじゃ)へ
  13. 傘松公園へ府中駅からリストで移動
  14. 傘松公園から天橋立を眺める
  15. 天橋立観光船に乗る
  16. 松和物産で海鮮丼の昼食
  17. 天橋立駅からJR特急はしだてで京都駅へ、そして東京へ
  18. 文珠荘 天橋立 一人旅の費用
  19. 京都 天橋立 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense