浅虫温泉鶴亀屋食堂でまぐろ丼を食す

今回宿泊予定の宿とは逆側にあった浅虫温泉の鶴亀屋食堂。

ガイドブックに載っていたので訪れてみました。

中はどこにでもありそうな食堂です。座敷形式とテーブル形式の2タイプの席があります。

一人旅の人は見かけず、グループの観光客が昼食にしては遅い時間にも関わらずそれなりに居ました。

メニューは手元にあるものの、壁に張られているマグロ丼の方が有名のようなのでそちらを注文。

「塩竈」は「しおがま」と読みます。

塩竈は塩釜と書くこともできるようです。宮城県にある漁業が盛んな地域のようです。青森県に来てなぜ宮城県のものなのか、という疑問はありましたが。

時間帯も昼の半ばのため、あまり量を食べるのは好ましくないと判断し、「塩竈産ひがしものメバチマグロ丼
ミニ」を注文。2000円。かなりの高額です。

「塩竈産ひがしもの」というのは一つのブランド名です。

そしてしばらくしたら到着。

ご飯の茶碗の上にどっさりとマグロが載っています。

別途皿が用意され、その上にマグロを移し替えてから食べてくださいと説明がありました。

言われた通りにマグロを皿に移し、テーブルの上にあった醤油などをかけて食していきます。

ただただボリュームがあり、夕食の心配が頭にありましたが、何とか完食。

価格と見比べるとちょっと疑問もあります。数年前のガイドブックで知ったお店なのですが、その時は1300円でした。

それ以降、円安による燃料費の高騰などの影響なのか、それとも別の理由なのかはわかりませんが、ちょっと気軽に、という値段ではない気がします。

また、ご飯もぎっしり詰まっているため、茶碗サイズでもかなりお腹にずっしりと来ます。

夕食などの時間を考慮して利用してもらいたいと思います。

マグロ丼以外にもいろいろなメニューもありますので、そちらを食するというのも良いでしょう。

食べ終え、お会計を済ませ、そしてお店を後にします。

adsense

青森 一人旅の旅行記

ここからは青森へ出かけた時の旅行記です。新幹線グランクラスでの移動、浅虫温泉エリアの散歩、弘前城の観光が中心となります。

  1. 青森 一人旅
  2. 新幹線はやぶさグランクラス一人旅
  3. 青森駅周辺を散策
  4. 青森駅から浅虫温泉駅へ青い森鉄道で移動
  5. 浅虫温泉の周囲観光
  6. 浅虫温泉鶴亀屋食堂でまぐろ丼を食す
  7. 海扇閣の部屋
  8. 海扇閣の夕食
  9. 海扇閣のステージイベントで津軽三味線
  10. 海扇閣の朝食
  11. 浅虫温泉から弘前駅へリゾートしらかみを利用して移動開始
  12. 弘前駅前からバスで弘前城近辺まで移動
  13. 弘前城 一人旅前編
  14. 弘前城天守閣
  15. 弘前城 一人旅中編
  16. 弘前城 一人旅後編
  17. 藤田記念庭園大正浪漫喫茶室でアップルパイ
  18. 弘前城の植物園へ
  19. 弘前駅からつがる号で青森、そして東京へ
  20. 駅弁「北の彩」
  21. 青森 一人旅の費用
  22. 青森 地図・宿
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense