根室十景 明治公園

日本最東端の駅の東根室駅を後にし、根室駅まで歩いて帰ることにしました。

ロードヒーティングの案内。道が暖かくなる仕組みで、雪や氷などで固まるのを防ぎます。

道路の先も霧で見えません。

そして歩いている途中に明治公園という場所があることを知ったので、向かってみることに。根室十景の一つとのこと。

遊具も置いてあります。

花壇。

花壇から広場の方を眺めます。サイロのようなものが見えます。サイロは貯蔵庫のようなものです。

木々の先は霧。これが町の中にあるのですから驚きです。

広間。芝生が綺麗です。東京などでしたらたいていは立ち入り禁止になっているような、それくらい立派な芝生です。

この場所は開拓使根室牧畜場の後とのこと。本来はもっと広いのですが、その一部を明治公園としたと説明書きがありました。

霧の中に立つサイロ。青空でも映えるでしょうが、霧の中でも独特の魅力があります。

手前の芝生。広大です。

近寄って正面から。

入口。ですが、鍵が書かっているので入れません。

サイロを見上げます。上る階段もあります。

振り返って反対側から。

それにしても広いです。

サイロがあるエリアを越えるとタイルで出来た空間に。

また、近くには明治公園野鳥観察舎があるとのことなので、そちらに移動をしてみました。納沙布岬にも観察舎がありました。いろいろな鳥がいるからこそ、こうした施設があるのでしょう。

道を進んでいきます。散歩に適した道です。

そして明治公園野鳥観察舎を発見。

中はシンプルな作り。防音効果があるのか、暖かい感じがします。

監視カメラも作動中。

窓を開けて外を見ます。先は段差のあるエリアです。ただ、霧で鳥を見かけることができません。鳴き声はよく聞こえるのですが。

自然に圧倒されます。

長居は無用のため、外に出て、再び歩き出します。

途中に池がありました。

休憩できるスペースも。

鳥。カモメでしょうか。

近くにあった階段で元の位置に戻ります。結構下ってきたようで、急な階段を上っていきます。

そして上のエリアに戻ってきました。バーベキュー広場。

このような設備が用意されています。

そして別の明治公園の入り口付近。根室駅からはこの位置が近いです。

と、一通り根室の明治公園を見終え、宿の方に戻ります。

adsense

納沙布岬 根室 北海道 一人旅の旅行記

今回は直前まで迷いに迷った旅行の予定と、実際に一人旅の旅行記を紹介しています。2泊3日の北海道旅行の1日目です。

  1. 納沙布岬 根室 北海道 一人旅
  2. 迷いに迷った北海道根室納沙布岬一人旅の直前予定
  3. 羽田空港からたんちょう釧路空港へ
  4. たんちょう釧路空港からバスで釧路駅へ
  5. 釧路駅の駅弁や周囲
  6. 釧路駅から根室本線で根室へ
  7. 根室駅、日本最東端の有人駅
  8. 駅弁「いわしのほっかぶり」
  9. 根室駅からバスで納沙布岬へ
  10. 日本最東端 納沙布岬
  11. 納沙布岬灯台
  12. 納沙布岬 北方館、望郷の家
  13. 納沙布岬の続き
  14. 納沙布岬から根室駅方面へ
  15. 照月旅館の部屋
  16. 照月旅館の夕食
  17. 根室の早朝散歩 前編
  18. 東根室駅、日本の最東端駅
  19. 根室十景 明治公園
  20. 根室の早朝散歩 後編
  21. 照月旅館の朝食
  22. 納沙布岬 根室 北海道 一人旅の費用
  23. 根室 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense