東寺の五重塔

東寺の五重塔の方へ行くには拝観料を支払う必要があります。500円。

拝観料を支払った先に、他にも講堂や金堂があり、そこには仏像が展示されています。

料金を支払い、拝観エリアに入ります。

さっそく広がる景色。広々とした庭に五重塔が映えます。

枝垂桜。季節によっては綺麗に桜が咲いていると思われます。

瓢箪池の鯉。

瓢箪池越しに見る五重塔。

さまざまな位置から五重塔を見ていきます。

五重塔は国宝に指定されています。平安時代からあったのですが、何度も焼失しています。今現在のは江戸時代の1644年の五重塔です。

1階の門。平時は閉まっていますが、正月のイベントの際には開くようです。

たぶん、避雷針。昔の建造物は雷による焼失が多くあるため、こうしたものが必要になります。

五重塔の前の広場。

五重塔を見終え、同じ拝観エリア内にある金堂に向かいます。

adsense

東寺 京都 一人旅の旅行記

京都の東寺に訪れた際の話と、ホテルでの話を中心に紹介。

新都ホテルに関しては過去に『新都ホテル 京都』でも取り上げています。

  1. 東寺 京都 一人旅
  2. 駅弁「どまん中百選 牛肉どまん中 牛たんどまん中」
  3. 京都駅から東寺まで歩いて移動
  4. 東寺の慶賀門
  5. 東寺の五重塔
  6. 東寺の金堂、講堂
  7. 東寺 夜叉神堂、潅頂院、八幡社殿、修行大師
  8. 東寺の南大門
  9. 東寺 大師堂、御影堂
  10. 新都ホテルの部屋
  11. 東洋亭ハンバーグステーキ
  12. 西本願寺の外周
  13. 新都ホテルの朝食
  14. 駅弁「はもちらしごはんと京のおばんざい」
  15. 東寺 京都 一人旅の費用
  16. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense