駅弁「国産あなごと牛しぐれ煮弁当」を食す

津山での観光を終え、帰路に。

津山駅前にはB’zの看板。メンバーのボーカルの稲葉浩志さんが津山出身とのこと。

津山駅から東京駅までの乗車券を購入。10800円。新幹線のチケットは岡山駅で購入するため、ここでは乗車券のみ。

津山駅に置かれたパネル。「くまなく・たびにゃん」というキャラクターとのこと。熊と猫が描かれています。JR岡山のマスコットキャラクターのようです。

電車が来たので乗り込みます。

岡山駅で新幹線に乗り換え。グリーン車利用で12820円追加で支払い。

そして岡山駅で購入した駅弁を食します。

購入したのは「国産あなごと牛しぐれ煮弁当」。地域的に瀬戸内海は「あなご」が有名のため、選びました。あなごだけだと飽きるので、牛肉もあるものを選択。1180円。

さっそく中とご対面。

大きく分けて2つにわかれてあなごと牛しぐれ煮が乗っています。他、厚焼き玉子など。

駅弁を食べつつのんびりし、3時間20分で東京に到着。

これで2泊3日の岡山県一人旅が終了です。

adsense

津山まなびの鉄道館 岡山県 一人旅の旅行記

2018年10月下旬の平日に、岡山県の津山まなびの鉄道館へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 津山まなびの鉄道館 岡山県 一人旅の旅行記
  2. 津山駅での鉄道関連展示物「C11」と津山まなびの鉄道館までの行き方
  3. 津山まなびの鉄道館、日本第2位の規模の扇形機関車庫
  4. 津山まなびの鉄道館、ジオラマ
  5. 津山まなびの鉄道館、鉄道の仕組み、タブレットキャリアの体験
  6. 駅弁「国産あなごと牛しぐれ煮弁当」を食す
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense