津山まなびの鉄道館、ジオラマ

ちょうど扇形機関車庫を見学していたら、さかんにジオラマのデモンストレーションが行われるという呼びかけを行っていたので、行ってみることに。

入口近くの建物内にジオラマが展示されています。

さまざまなボタン。普段はこれらのボタンを押して利用者が操作するのでしょう。

ジオラマの様子。津山周辺を描いていますので、周辺観光とセットで見ていくと興味深いものがあります。

そして、扇形機関車庫。これもジオラマで再現。

さまざまな列車が並びます。

津山城址もあります。

この手のジオラマの実演は、夜から始まることが多く、一度部屋が暗くなります。

そして明るくなり、列車の運行がスタート。

扇形機関車庫の転車台の動きも再現。

列車が転車台の上に乗り。

そしてメインのレールに移動します。

夜の津山駅。

そして、夜に役目を終えた列車が扇形機関車庫に戻ってきます。実際には稼働していませんが、ジオラマ上ではこのように稼働した姿を見ることが可能です。

8分ほどと短時間ではありますが、十分満足しジオラマを後に。

adsense

津山まなびの鉄道館 岡山県 一人旅の旅行記

2018年10月下旬の平日に、岡山県の津山まなびの鉄道館へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 津山まなびの鉄道館 岡山県 一人旅の旅行記
  2. 津山駅での鉄道関連展示物「C11」と津山まなびの鉄道館までの行き方
  3. 津山まなびの鉄道館、日本第2位の規模の扇形機関車庫
  4. 津山まなびの鉄道館、ジオラマ
  5. 津山まなびの鉄道館、鉄道の仕組み、タブレットキャリアの体験
  6. 駅弁「国産あなごと牛しぐれ煮弁当」を食す
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense