宗谷岬で日本最北端を堪能、稚内駅からバスで移動

稚内駅からバスで宗谷岬を目指します。13時26分発のバスに乗り込みます。

宗谷岬行きというバス名ではないため、乗るバスは事前に確認しましょう。

バスの時間は数は少ないものの、稚内駅が建て替えられて奇麗になっており、飲食店や広場などでもくつろげますので、待つのには苦労しません。稚内駅に関して言えば、寒さなどの心配も不要です。

事前にバスの往復チケットを稚内駅バスターミナルにて購入しておくと、少し安く利用可能です。往復で2430円。

合わせてバスの時間が書かれた紙をいただけました。

バスにはトイレはないため、事前に済ませておきましょう。

バスに乗るとどんどんと宗谷岬を目指して進んでいきます。閑散期の平日ということもあり、乗り込む人の数は多くありませんでした。宗谷岬を目指していたのは老夫婦が1組といったところ。

しばらくは市内を中心に移動。途中、南稚内駅周辺も通ります。宿泊先が南稚内であれば、乗り込む場所や降りる場所を確認しておくのもよいでしょう。

稚内駅から20分ほど経過すると海が見えてきます。

しばらく進むと、宗谷岬方面も見えます。ただ、日本最北端はこの位置からは見えません。あくまで方面だけ見えるだけです。

どんどんと進んでいき、宗谷岬には14時19分に。

稚内駅から宗谷岬までは50分ほどで到着。降りるバス停名は「宗谷岬」です。手前に「宗谷」というバス停もあるのですが、そうした場所で降りないように注意が必要です。お土産物売り場などが並んでいなければ、それは別の場所と判断しましょう。

帰るバスは17時46分と3時間以上先です。

じっくりと宗谷岬を堪能するため、周囲を歩きます。

さっそく日本最北端へ。バスが降りた場所のすぐ近く、1分程度歩いたところにあります。

近くには間宮林蔵の像があります。北海道の測量を行った人物です。

そして、日本最北端の地のモニュメント。

天を指すような形をしています。

中央にあるよくわからない形のもの。海には海藻らしきものが見えます。

モニュメントから見た周囲の風景。お土産物売り場や宿などが道路沿いに並んでいます。

海側。海の独特の香りが漂います。

遠くに浮かんでいる島。

日本最北端の地のモニュメントを離れ、周囲を散策。

adsense

旅の宿うぶかた 稚内 一人旅の旅行記

3泊4日の3泊目。前日宿泊した札幌から電車で稚内駅まで移動し、翌日帰宅するまでの旅行記です。

  1. 旅の宿うぶかた 稚内 一人旅
  2. 札幌駅からスーパー宗谷で移動開始
  3. 宗谷本線を経由し稚内駅へ移動
  4. 稚内駅、日本最北端の駅をチェック
  5. 宗谷岬で日本最北端を堪能、稚内駅からバスで移動
  6. 宗谷岬の日本最北端以外の場所をチェック
  7. 宗谷岬周辺でバスが来るまで3時間以上待つ
  8. 宗谷丘陵を登っていく
  9. 旅の宿うぶかたチェックイン
  10. 「旅の宿うぶかた」の部屋
  11. 「旅の宿うぶかた」の設備
  12. 北の味心 竹ちゃんで「たこしゃぶ」の夕食
  13. 夜の稚内駅周辺、稚内桟橋駅の防波堤の夜景など
  14. 「旅の宿うぶかた」の朝食
  15. ノシャップ岬へバスで移動
  16. 稚内駅周辺の量徳寺や北門神社をチェック
  17. 稚内桟橋駅の防波堤、周囲の港
  18. 稚内駅「キタカラ」でコーヒーを飲みつつ休憩
  19. 稚内駅前バスターミナルから稚内空港へ
  20. 稚内空港で塩ラーメンを食す
  21. 稚内空港でお土産購入、展望デッキで飛行機を眺める
  22. 稚内空港からANA572便で東京へ帰還
  23. 旅の宿うぶかた 稚内 一人旅の費用
  24. 稚内 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense