大浴場「一望千里の湯」へ

部屋で一息ついた後は、大浴場へ向かいました。

大浴場は4階にあります。館内構造は下記の写真のようになります。

大浴場の名前は「一望千里の湯」です。室内風呂と露天風呂とがドア一つで繋がっています。

室内風呂は24時間、露天風呂は15時から24時、そして6次から10時までとなります。

男女別々となっています。基本的に見える風景は同じ方向を向いているようです。

広さに関しては、女性の方がやや広めとのことです。

風呂内の写真は撮れませんので、部屋から見た景色を載せておきます。これとほぼ同じ景色が露天風呂からも望むことができます。

湯は透明で、臭いもきつくないので、誰でも気軽に入れます。

昼は晴れていましたが、夜から明け方にかけては雪が降りました。このため、雪見風呂も可能でした。

朝方の雪の様子は下記になります。

前日と異なり、かなり降り積もっていることが窺えるかと思います。

遠くを眺めることはできませんが、雪見風呂もなかなかオツなものです。

adsense

越後湯沢温泉 一望千里 御湯宿 中屋の旅行記

翌日に別の場所に向かったため、帰りの最寄り駅までの様子を記載しています。続きは2日目の「源泉湯の宿 松乃井 水上温泉」をご覧ください。

  1. 越後湯沢温泉 一望千里 御湯宿 中屋 一人旅
  2. 東京駅から越後湯沢駅へ新幹線で出発
  3. 越後湯沢駅の越後十日町 小嶋屋で「へぎそば」を食す
  4. 越後湯沢駅構内の模様、駅ビル「CoCoLo湯沢」も
  5. ぽんしゅ館で日本酒の試飲
  6. 一望千里 御湯宿 中屋に向け出発
  7. 一望千里 御湯宿 中屋に入ってからと部屋からの眺め
  8. 一望千里 御湯宿 中屋の部屋の様子
  9. 大浴場「一望千里の湯」へ
  10. 一望千里 御湯宿 中屋の夕食
  11. 布団が敷かれ、夜景を眺めてから睡眠
  12. 一望千里 御湯宿 中屋の朝食
  13. 一望千里 御湯宿 中屋からガーラ湯沢駅へ
  14. 一望千里 御湯宿 中屋の一人旅にかかった費用
  15. 越後湯沢 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense