阿夫利神社駅から見晴台を目指して登山開始

阿夫利神社駅に到着後、移動を開始します。

まずはトイレ休憩をということで、近くのトイレを目指します。駅内にはなく、少し離れた位置にあります。案内に従って移動しましょう。

神社の脇を通り、トイレを目指します。

土産物屋などがある場所から下に行きます。

神社の方ではなく、少し下の位置にトイレがあります。

このトイレの傍から、見晴台方面に行く道があります。特に見晴台方面という案内はないものの、お知らせにはこの先に見晴台があるようなことが書いてありますので、その場所から先に向かいます。8時45分、いよいよ登山開始です。

注意書きにあるように、夜間の歩行等はしないようにしましょう。

多少は整った道を進みます。

ですが、途中には落ちたら危ない位置などもありますので、慎重に行動しましょう。ところどころ、手を使っていくとよいでしょう。手を使うと言っても崖をよじ登るような使い方ではなく、バランスを取るために置くような使い方です。

石が地面にゴロゴロと落ちています。

落石注意の看板もあります。あまり出来るだけ通路の中央付近を歩くようにしましょう。

落ちているのは小石が多いですが、小石でも頭などに当たれば大けがとなります。注意して歩きましょう。

途中に二重社があります。このルートは観光できるような場所はほとんどありませんので、こうした建物をゆっくりと眺めつつ進みましょう。

そして、熊出現注意の看板を発見。

注意と言われてもどうしようもありませんが、説明を読み、熊と出会った時もあわてずに行動できるように頭に叩き込みます。もし余裕があるのでしたら、熊対策用の鈴を事前に用意して持って行くのもよいと思います。

再び道を進んでいきます。

それほど急な段差があるわけではありませんので、このあたりはスムーズに進むことが出来ます。

倒木などもそのままの状態で落ちています。

途中、階段があり、その上に登ると、存在感のある木が立っています。

さらに淡々と進んでいきます。

どれくらいの距離を進んだかの案内版が無いため、心配にはなりますが、道はほぼ一方通行ですので、気にせず進んでいきましょう。

木々の隙間から、出発地点と思われる場所も見えます。

そして進んでいくと、最初の目的地である見晴台に到着です。到着時間は9時19分。34分での到着です。コースタイムが30分でしたので、ちょっとゆっくりしたペースでの移動となっています。

adsense

大山 一人旅の旅行記

大山登山の旅行記です。

ほぼ登山のみで、地面と遠景の様子しか紹介できませんが、時間等の目安も含め、ご覧頂けたらと思います。

  1. 大山 一人旅
  2. 大山 登山の装備
  3. 新宿から伊勢原へ小田急線で移動
  4. 伊勢原駅からバスで大山ケーブルへ
  5. バス停からケーブルカー乗り場「大山ケーブル駅」へ
  6. 大山ケーブル駅から阿夫利神社駅に移動
  7. 阿夫利神社駅から見晴台を目指して登山開始
  8. 見晴台で休憩
  9. 見晴台から大山頂上に向け登山、途中ハプニング
  10. 大山山頂に到着
  11. 大山山頂で休憩
  12. 大山山頂から下山開始
  13. 阿夫利神社下社をチェック
  14. 阿夫利神社下社近辺の休憩所で休憩
  15. ケーブルカーで下山し、そして伊勢原駅へ、最後は新宿へ
  16. 大山 神奈川県へ一人旅にかかった費用
  17. 大山 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense