本家 第一旭で特製ラーメンを食す

15時ころになり、昼も実食系を食べずにいて小腹も空いてきたこともあり、ラーメンを食べることに。

京都では有名な京都駅近くにある「本家 第一旭」に行きました。

この6月下旬は京都はいつも蒸し暑いのですが、この日はまだラーメンが食べられるくらいの日和でしたので、行けるうちに行こうということで、あえてラーメンを選択。

そして、外に一人だけ並んでいたので、その後ろで待つことに。スタッフが注文を聞きに来たので、メニューを見て「ラーメン」を選択しました。

このお店は、朝は5時から、夜は深夜2時までと、長時間営業をしているので、朝食などに利用するのもよさそうです。

ちなみに、隣の「新福菜館本店」も京都で有名なラーメン店です。以前訪れた時と比べて見た目が綺麗になっていると思います。

5分ほど経過したら中に呼ばれましたのでお店の中に入ります。

カウンターに座ります。テーブル席もありますが、全体的に席数は少な目。15時と昼食時は大きく外れているにも関わらず、席が埋まるくらいに人気のあるお店です。

そして、ラーメンが到着。チャーシューがすごく多く乗っていて、夕食のこともあるのにボリュームが多くて大変だな、と思いつつ、食していきます。

麺を取り出し。ストレート麺で、しょうゆ味。シンプルなので、どんどんと食べられます。

それにしてもやけに多いなと思って食べていき、会計を済ませる段階になってその理由が判明。

会計時に特製ラーメン850円と言われてしまい。

注文したのはラーメンなのに、なぜ特製ラーメンになっているのか疑問でしたが、外で列に並んでいたもう1名の人と注文を取り違えたのではなかろうかと。

どうりで、前に並んでいた人は、物足りなかったのか、後から小ライスを追加していたな、と。

訪れたことのあるお店であれば、それが特製なのか通常サイズなのかわかるのでしょうが、初めて訪れたということと、ラーメンを持ってきたときに持ってきたラーメンの名前を告げてくれなかったので、間違いであることに気が付かずに最後まで食べてしまいました。

小腹を満たすためのラーメンが、大腹になって外に出ることに。

夕食も宿で手配してもらっていたため、そちらにも影響が出ることに。

帰って調べたところ、特製ラーメンは麺とチャーシューの量が2倍とのこと。

多いはずだ、と、しみじみと感じた次第。

ちなみに、ミニラーメンもあるので、そちらを頼めばよかったといまさらながらに思います。

adsense

本願寺 京都 一人旅の旅行記

2016年6月下旬の平日に、京都府の本願寺などへ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 本願寺 京都 一人旅
  2. 鹿児島駅弁 牛肉三昧を食す
  3. 京都駅から三十三間堂、京都国立博物館へバスで移動
  4. 三十三間堂 世界遺産 一人旅
  5. 京都国立博物館 一人旅
  6. 清水一芳園で清水パフェを食す
  7. 豊国神社 方広寺 大坂の陣の発端の地
  8. 東本願寺 一人旅
  9. 西本願寺 世界遺産 一人旅
  10. 本家 第一旭で特製ラーメンを食す
  11. ひふみ旅館の部屋
  12. ひふみ旅館の夕食
  13. 西本願寺の晨朝
  14. ひふみ旅館の朝食
  15. 松阪牛100% 中之島ビーフサンドを食す
  16. 本願寺 京都 一人旅の費用
  17. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense