三十三間堂 世界遺産 一人旅

博物館三十三間堂前のバス停で降り、信号を渡って三十三間堂に向かいます。ちなみに、信号を渡らない位置に京都国立博物感があります。

敷地内に入ります。駐車場と受付を兼ねたエリア。

入口で料金を支払います。600円。

そして中へ。

堂内に関しては撮影禁止でした。

堂内は、十一面千手千眼観世音が多数並んでおり、合計1001体並んでいます。1体は中央にある大きな仏像、他はその左右でそれぞれ500体ずつ。

三十三間の由来は、正面の柱間が33あることから名づけられているとか。

また、観世音だけでなく、風神雷神など他の像も並んでいます。

1001体、必ずしもいるわけではなく、修復中でいなくなっていたり、どこか別の場所での展示でいなくなったりもしています。

一面ではそうした展示があり、その裏側では三十三間堂の歴史等の展示パネルがあり。

また、弓にも関係しており、上の方には弓術大会の優勝の扁額のようなものも見えます。

弓は通し矢という江戸時代から続く競技イベントなどがあります。

40分ほど堂内を堪能したのちに、今度は外周を見て回ります。外周は撮影可能です。少しだけ修理中。

日本庭園風のエリアも。

東大門。

三十三間堂は横長のため、奥まで撮影しきれません。

本堂の正面側。

この奥に中尊があります。

端まで来て全体を眺めます。

奥を見ると長いことがわかります。

端から見ただけだと、それほど大きくは感じませんが。

裏側。裏側は途中から工事中になっていたため、一回りすることはできません。

再び戻って出口から外に出ます。

三十三間堂に入って全体で1時間くらい滞在。パッと見るだけなら20分もかかりません。

ですが、仏像が多数ありますので、表情や説明などを読みつつ堪能することをお薦めします。

近くには南大門という大きな門もあります。セットで眺めてみてはどうでしょうか。

adsense

本願寺 京都 一人旅の旅行記

2016年6月下旬の平日に、京都府の本願寺などへ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 本願寺 京都 一人旅
  2. 鹿児島駅弁 牛肉三昧を食す
  3. 京都駅から三十三間堂、京都国立博物館へバスで移動
  4. 三十三間堂 世界遺産 一人旅
  5. 京都国立博物館 一人旅
  6. 清水一芳園で清水パフェを食す
  7. 豊国神社 方広寺 大坂の陣の発端の地
  8. 東本願寺 一人旅
  9. 西本願寺 世界遺産 一人旅
  10. 本家 第一旭で特製ラーメンを食す
  11. ひふみ旅館の部屋
  12. ひふみ旅館の夕食
  13. 西本願寺の晨朝
  14. ひふみ旅館の朝食
  15. 松阪牛100% 中之島ビーフサンドを食す
  16. 本願寺 京都 一人旅の費用
  17. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense