西本願寺の晨朝

朝になりました。

お寺では、たいてい、朝のお勤めが行われます。そのお勤めには一般の人も参加できるので、朝起きて、行くことにしました。

目指すは西本願寺へ。

東本願寺の方が近かったのですが、堂内は写真撮影が禁止だったため、写真を撮るのなら西本願寺かな、と思い、西本願寺に向かっています。

後々考えたら、西本願寺は世界遺産の構成要素の一つでもありますので、結果として良かったように思います。

西本願寺の朝のお勤めは「晨朝(じんじょう)」と呼ばれています。お寺によって、この呼び方は異なり、有名な善光寺であれば「お朝事(おあさじ)」と呼んでいます。

まずは、西本願寺に向けて移動。朝、人の少ない道を歩きます。

京都駅からでしたら、10分くらいあれば到着できます。

外に書いてあった予定表。晨朝午前6時の文字が見えます。開門は30分前の5時30分から。東本願寺は開門が5時50分でした。

さっそく御影堂門から中へ。

御影堂。

阿弥陀堂。

晨朝に参加しようと人が続々とやってきます。

阿弥陀堂の中の様子。畳に自由に座ります。椅子席も用意されていますので、畳に座るのが苦手な方は、椅子席を確保しましょう。

お坊さんも準備が整いました。西本願寺は坊主頭ではないようです。全員、髪の毛を生やしています。

なぜか、一般客の方が坊主頭が多かったり。

最初は阿弥陀堂で念仏を唱えます。堂内には経典が置いてあり、読み仮名が書かれた経典ですので、一般の人も問題なくお経を読むことができます。

読まなくてもいいのですが、読み仮名付き経典があるからか、多くの人がお経を一緒に唱えていました。

以前、長野県の善光寺に行ったときは、誰も唱えていなかったので、ここでの一般客の読経は印象に残ります。

15分くらいで、次は御影堂に移動です。お坊さんが案内しますので、その発言があったら移動を開始しましょう。

貸出用経本。実は、存在を知らなかったので、阿弥陀堂では手に取ることができず。

そして、御影堂。一般客と同じ畳側に坊さんが並んでいます。

そして、一般客。

ここでも30分ほどお経を読みます。

その後、本日のご和讃と共に、解釈などを開設してくれます。この日は「浄土33丁
道光明朗」。ページが急に飛ぶので、該当するページを開きます。

全体で1時間で晨朝が終了。

多くの人が帰路につきました。

このとき、階段を見ていたら、ところどころに色合いの変わった気が埋め込まれています。修繕かと思ったら、意図してこのようにした遊び要素があるとのこと。いろいろな形がありますので、階段もじっくり見てみると面白いと思います。

最後に、前日、おじいさんが門にへばりついて絵を描いていたため、全体を撮影できなかった唐門を撮影して旅館に帰りました。

adsense

本願寺 京都 一人旅の旅行記

2016年6月下旬の平日に、京都府の本願寺などへ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 本願寺 京都 一人旅
  2. 鹿児島駅弁 牛肉三昧を食す
  3. 京都駅から三十三間堂、京都国立博物館へバスで移動
  4. 三十三間堂 世界遺産 一人旅
  5. 京都国立博物館 一人旅
  6. 清水一芳園で清水パフェを食す
  7. 豊国神社 方広寺 大坂の陣の発端の地
  8. 東本願寺 一人旅
  9. 西本願寺 世界遺産 一人旅
  10. 本家 第一旭で特製ラーメンを食す
  11. ひふみ旅館の部屋
  12. ひふみ旅館の夕食
  13. 西本願寺の晨朝
  14. ひふみ旅館の朝食
  15. 松阪牛100% 中之島ビーフサンドを食す
  16. 本願寺 京都 一人旅の費用
  17. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense