ドレミファ橋、飯能河原を経由して飯能駅へ

多峯主山から出て、すぐに道路に出ました。

この近くに、ドレミファ橋という橋があるようなので、行ってみることにしました。

ここから先は、飯能駅の観光案内所で手に入れた地図を頼りに移動します。アニメ「ヤマノススメ」で取り上げられた場面にちなんだ観光地図とのこと。

まずは、吾妻峡を目指します。途中、案内板もありました。

振り返って多峯主山の方面。

多峯主山から降りた位置から近くのバス停。1時間に3本ペースでバスが来るようなので、疲れたらバスで飯能駅に戻ることもできます。

案内板に従って吾妻峡を目指したものの、民家らしきところで行き詰まり。

ただ、その先に吾妻峡の方に出られる小道を発見。

増水時にはドレミファ橋は渡れないとのこと。

近くにあった社。

そして、ドレミファ橋に到着。一直線の橋になっているわけではなく、飛び越えて先に進むタイプの橋です。

飛び越えるといっても、それほど間は空いていないため、問題なく通り抜けられます。

水辺のため、涼しくて気持ちいいです。

上流の様子。

下流の様子。この水辺を下流に向かって歩いていきます。そちら側が飯能駅方面です。

ドレミファ橋を渡った反対側も、道路に通じる通路があります。この道路沿いを歩いて行っても、飯能駅方面に向かうことができます。

さっそく、下流に向かって歩きます。土嚢がおかれている部分もありますが、逆に滑りやすくなっているような気がします。

振り返ってドレミファ橋。

土嚢がおかれている場所は限定的で、あとは川辺を進んでいきます。

時折看板があり、岩に関しての説明なども書いてあったりします。

赤岩。

水の高さによっては、通れないこともあるので、その日の状況を見極めましょう。

汽車渕。汽車に見えるから、とのこと。

散策に関するルート図。

ようやく上ることができる場所を見つけたので、そちらから道路にでます。15分ほど散策しました。

道路を出てからは、飯能駅に向けてひたすら歩きます。

もしかしたら、この帰り道が一番辛かったかもしれません。すでに10月中旬なのに、なぜかこの日は気温も高く、日も照っていたので、予想以上に体力を消耗しました。

飯能河原という場所。平日日中なのに、バーベキューを楽しんでいる軍団もいました。

川に橋が架けられています。

さらに奥には割岩橋という橋もあります。赤い色の橋がそうだと思われます。

この飯能河原を抜け、さらに進むと、ようやく飯能駅に到着。

多峯主山からドレミファ橋を経由して、1時間で到着です。登山時間より長く、いかに無駄に歩いてきたかがわかります。

この後、飯能駅から特急の「ちちぶ28号」に乗るために待機。

余談ですが、埼玉県はアニメで題材として取り上げられることが多いのか、ポスターに掲載されたようなキャンペーンもやっていました。この飯能も対象地域になっています。

飯能駅から池袋駅までは963円でした。

これで、飯能の天覧山、多峯主山の一人登山終了です。

adsense

天覧山 多峯主山 飯能 一人旅の旅行記

2016年10月中旬の平日に、埼玉県の飯能へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 天覧山 多峯主山 飯能 一人旅
  2. 池袋駅から飯能駅まで、特急で天覧山目指して
  3. ヤマノススメの聖地、飯能へ到着
  4. 飯能駅から天覧山麓まで歩いて移動
  5. 能仁寺、天覧山の麓の寺
  6. 天覧山の登山開始
  7. 天覧山から多峯主山に移動開始
  8. 多峯主山を登る
  9. 多峯主山頂上、271メートル
  10. 多峯主山を下山
  11. ドレミファ橋、飯能河原を経由して飯能駅へ
  12. 天覧山 多峯主山 飯能 一人旅の費用
  13. 飯能 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense