岐阜牛料理「匠味」で岐阜牛を堪能

一度岐阜駅周辺に戻り、昼食をとることにしました。

岐阜県と言えば、飛騨牛でも有名です。

そのため、飛騨牛を食べられるお店に移動。

駅から近くにあるタワー状の建物「岐阜シテイ・タワー43」の2階に飛騨牛が食べられるお店があります。

JA全農(全国農業協同組合)が運営するお店だそうで、ここならば間違いはないだろうということで選択。

お店の名称は「匠味」。

いろいろとメニューはありますが、今回は「飛騨牛ロースステーキランチ」を選択しました。

出来れば一枚肉でがっつりと考えていたのですが、そうしたものがあったのかどうかも未確認です。昼のメニューには見当たりませんでした。夜ならあるのかも。

まずはサラダ。サラダも岐阜県産の野菜を多く使っているとのこと。全部かどうかはよくわかりませんでした。

枝豆の冷スープ。

そして、メインの飛騨牛の焼肉。ご飯とみそ汁もついてきます。テーブルの中央に置いてあるのは石のプレート。この上に肉を置いて焼いていきます。中央にあるIH機器は、いったい何に使うのか謎です。

飛騨牛。野菜も岐阜産が中心のはず。スタッフの説明で岐阜の名前が常に出てくる感じでした。ただ、すべてがそうなのかは不明。

さっそく石のプレートにお肉と野菜を並べていきます。野菜は早めに並べた方がいいとの説明もありました。

焼けた飛騨牛。

これを、塩、ポン酢、ワサビのいずれかを付けていただきます。味を知るには塩のみがよいと思うので、塩のみを軽くつけて食していきました。その後、ポン酢、ワサビも試し。

食べ終えたら、スタッフがテーブルの上を片付けてくれ、そして飲み物とデザートが運ばれてきました。デザートは岐阜県産のイチゴを用いたシャーベット。

これで一通り食べ終え終了。時間帯が遅くなったため、最後は店内に一人のみしかいませんでしたが、その前にはグループ客が数名。テーブル席主体のため、昼時に一人だと店側も厄介に感じるかもしれないため、13時以降に訪れてみてはどうでしょうか。

レジに行き、支払い。3900円。

この後、この施設の上の方に展望エリアがあるということで、ついでにそちらにも訪れてみました。無料で利用が可能です。

43階で、岐阜城も見えます。

岐阜の街を見下ろした感じ。

岐阜駅も見えます。位置としては、岐阜駅すぐではなく、少し離れているので、歩きます。ただ、大きな建物のため、すぐにこの場所はわかると思います。岐阜周辺で大きなビルは2つしかありません。その手前側です。

この43階にはレストランがあり、そこで食事をしながら眺望を楽しむことができるのですが、この日は定休日。とはいえ、2階で飛騨牛を食べたので、特に利用の予定はありません。

展望エリアの様子。展望用に作ったというよりかは、余ったスペースを展望用にしているだけなので、なんら飾り気がありません。

名古屋方面。

岐阜城方面の展望エリア。展望エリアは2ヶ所あり、見える方向が異なります。

adsense

岐阜城 岐阜 一人旅の旅行記

2017年10月中旬の平日に、岐阜の岐阜城へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 岐阜城 岐阜 一人旅
  2. 織田信長が出迎える岐阜
  3. 岐阜ロープウェイ、岐阜城への行き方
  4. 岐阜城までの道のり
  5. 岐阜城 天守
  6. 岐阜城資料館、信長公の隠れ家
  7. 岐阜城から下山、岐阜公園と岐阜市歴史博物館へ
  8. 崇福寺、織田信長、信忠の親子の霊廟所
  9. 岐阜牛料理「匠味」で岐阜牛を堪能
  10. 長良川温泉 ホテルパークの部屋と温泉
  11. かじか、長良川近くのお店で鮎料理、鵜飼なども
  12. 長良川温泉 ホテルパークの朝食、そして関ヶ原へ
  13. 岐阜城 岐阜 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense