箱根海賊船で元箱根港から桃源台港へ移動

元箱根港に到着し、まずは桃源台港を目指します。

その際には、芦ノ湖を船で進む箱根海賊船を利用することにしました。

他にもバスで移動とかもできますので、利用しやすい方法で移動しましょう。船が苦手な人も、当然いるでしょうし。バス停は、同じ位置にあります。

バス停の時刻表。小田原行きのバスが、道中、桃源台に停まります。

とはいえ、湖の上を走るので、船酔いは海と異なり、少ないのではないでしょうか。

料金は片道1000円。船は1時間に1本ペースでしか出ませんので、できれば時間を事前に確認しておきたいところです。

今回は通常運賃の1000円に特別船室の利用500円を加え、1500円を支払いました。

箱根神社の鳥居と富士山も見えます。

船は数種類あり、ロワイヤル2という船は整備のため休航中。

今回乗り込む船がやってきました。バーサという名称の船です。

反対側に停まっているのは、また別の船。

バーサは、前方に獅子の像があります。

中に入って船室の様子。

デッキに出ると、船長の像も。船長の姿をしたスタッフも、写真撮影用にうろうろしていました。

遠くを眺める少年。

マスト。たぶん、開かないと思います。

多くの外国人旅行者が訪れていました。

反対側にあった船のデッキの様子。

それにしても、人が多いです。

別の船室。

トイレもあるので安心です。

船が進み、富士山と箱根神社の鳥居。

箱根神社の鳥居。この先の階段を上ったところに本殿があります。

箱根駒ヶ岳と箱根神社の鳥居。

そして芦ノ湖上からみた富士山。

それにしても、いい天気です。

だんだんと、箱根神社からも遠のきます。

今回宿泊した小田急 山のホテル。

箱根駒ヶ岳の山頂。ロープウェイで訪れることが可能です。

一通り見終え、特別船室へ移動。500円の追加料金で入ることができます。スタッフにチケットを見せて入りましょう。

多少、豪華になっているのでしょうか。デッキも特別船室専用のデッキがあるので、デッキで悠々できます。

とはいえ、今回は乗客も多く、特別船室にも追加料金がかかるにも関わらず、結構いました。

九頭龍神社の桟橋。

船と、その進行方向。

そして、九頭龍神社も見えてきました。海にある鳥居も見えます。

桃源台方面は、開発中なのか、巨大なクレーンがいくつも見えます。

進行方向に桃源台港も見えてきました。

いよいよ接岸。

少年も桃源台港をまじまじと眺めています。

仁王立ちの船長。

周囲の様子。

と、いうことで、無事、桃源台港に到着。25分ほどの乗船時間でした。

この後、同じ位置にある桃源台駅から、ロープウェイで大涌谷を目指します。

adsense

大涌谷 箱根 一人旅の旅行記

2017年2月上旬の平日に、神奈川県の箱根へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 大涌谷 箱根 一人旅
  2. 箱根海賊船で元箱根港から桃源台港へ移動
  3. 桃源台駅から大涌谷駅へ、ロープウェイを用いた行き方
  4. 大涌谷、立ち入り制限あり
  5. 大涌谷の黒たまごを食す
  6. 箱根ジオミュージアムで箱根を知る
  7. 大涌谷駅から早雲山駅へバスでの移動方法
  8. 早雲山駅から強羅駅へ、そして御殿場プレミアムアウトレット
  9. 御殿場プレミアムアウトレットを堪能し、東京へ帰還
  10. 大涌谷 箱根 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense