奈良 古都の宿 むさし野 夕食

奈良県

奈良 古都の宿 むさし野の夕食は部屋食でした。

お酒はまずはビールから。エビスビールのビン。740円。

まずは先付と前菜。湯引き鱧など。

続いていさぎ煮麺。奈良は素麺でも有名で三輪そうめんが知られています。魚の「いさぎ」が添えてあります。

日本酒「風の森」を注文。純米大吟醸です。1500円。

刺身の盛り合わせ。

焼き物は鱸の新茶焼き。

鱸(すずき)の下に茶が敷かれていますので、お茶の風味が漂ってきます。

再び日本酒追加。「大和の露」純米吟醸、800円。300mlサイズでしょうか。奈良の女将のお酒で、奈良県産の酒米「露葉風」を100%使用しています。この酒米は、奈良県のみが推奨品種として採用しているとのことです。

煮物は丸茄子。

酢の物。蒸し鶏。

そして最後は留椀の赤出汁、生姜御飯、そして香物の3種盛り。生姜がブロックで入っているので、食べ応えがあります。

水物はフルーツ各種と抹茶プリン。

以上で夕食を終えました。

その後は明日に備えて就寝。

タイトルとURLをコピーしました