足湯「独歩の湯」で足の疲れを取る

万葉公園を奥に進んでいくと独歩の湯にたどり着きます。大きな施設ですので、すぐにわかると思います。

まずは、独歩の湯の奥にあるチケット売り場でチケットを購入します。大人300円、小学生・中学生200円です。現地の人だと100円だそうです。

チケットを購入後、奥のロッカーに行き、スリッパに履き替えます。ちなみに、自分で足を拭くタオルを持っていくと良いでしょう。阿しか里でしたら言うとタオルを貸してもらえます。

ロッカーは100円を用いて鍵をかけるタイプのものです。再び開くときに100円は戻ってきます。100円玉が必要になるので、無い場合はチケット売り場で両替するか、自動販売機で飲み物でも購入して作りましょう。ちなみに、足湯の場所では飲食禁止です。

スリッパに履き替えたら、いざ足湯に。

足湯にはさまざまな形状のものがあり、それぞれ足に異なった効果を及ぼすようです。説明書きもありますので、お気に入りの足湯を見つけ、浸かっておきましょう。座る場所もありますが、立った時のほうが効果がありそうです。

足湯では、ゆっくりと時間を過ごすことができますので、本を持って読むのもお薦めです。木に囲まれている場所でもありますし、すがすがしく読書が可能です。冬ですとちょっとつらいかもしれませんが。

他にも、デジタルミュージックプレイヤーなどの時間つぶしアイテムを持っていくことをお薦めします。さすがに一人でボケーっとしているのでは、時間が惜しく感じられますので、長時間の利用を考えているのであれば、ぜひこうした時間つぶし用のものを持っていくことをお薦めします。

独歩の湯の利用時間は18時までとなります。ただし、11月から2月までは17時で終了です。

今まで歩いてきて疲れたのを癒すために、ちょっと長居できる時間帯に来ることをお薦めします。特に、阿しか里までの坂を歩いてきた人は、一息つける場所かと思います。

ここは結構なお気に入りでした。

堪能したら、再びロッカーに戻り、足を拭いて靴を履き、帰ります。

観光会館を目指して進むと、来たときの道に出ることが可能です。

あとは、歩いてでも阿しか里に戻れる距離ですので、再び歩きましょう。

再び急勾配の坂を登るのが嫌な方は、旅館に電話すると迎えに来てくれるかもしれません。忙しいと来てくれないかもしれませんが。一応、出発前に確認していると良いでしょう。

adsense

湯河原温泉 阿しか里の旅行記

今回、湯河原温泉の阿しか里と、その周辺の一人旅の模様を掲載した旅行記を紹介します。一人旅の参考になれば幸いです。

  1. 湯河原温泉 阿しか里 一人旅
  2. 東京駅から湯河原温泉へ、阿しか里に向けて出発
  3. まずは湯河原駅周辺で、名物といわれる坦々やきそばを「湯河原一番亭」で食する
  4. 湯河原駅からバスで旅館の阿しか里へ、その途中の難関とは
  5. 旅館 阿しか里の出迎え
  6. 旅館 阿しか里から不動滝へ
  7. 不動滝から万葉公園へ
  8. 足湯「独歩の湯」で足の疲れを取る
  9. 旅館 阿しか里の夕食
  10. 旅館 阿しか里の朝食
  11. 旅館 阿しか里での支払い、チェックアウト
  12. 旅館 阿しか里の露天風呂
  13. 旅館 阿しか里の室内風呂
  14. 湯河原「味の大西」で昼食
  15. 湯河原駅から東京駅へ戻る
  16. 湯河原温泉 旅館 阿しか里の一人旅にかかった費用
  17. 湯河原温泉 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense