湯河原駅からバスで旅館の阿しか里へ、その途中の難関とは

湯河原駅に戻り、駅のまん前にあるバス停の2番乗り場から、「病院入口」というところを目指します。料金は200円です。SUICAやPASMOが利用可能です。その際は、入り口にある入場時専用のカード読み取り機に触れておきましょう。出るとき専用のカード読み取り機ではない点に注意です。

バスは10分おきくらいに出ていますので、時間を厳密に決めずに行動して問題ありません。

あとはバスで約10分乗ったところの停留所「病院入口」で降りるだけです。案内放送で次は病院入り口、と言われたら、近くにある止まるボタンを押せば、止まります。

さて、ここまでは順調ですが、実はこの後に落とし穴があります。

病院入口で降りた後に、急勾配の坂を上っていく必要があります。はっきり言って、かなり足腰に来ます。若い方でしたら何とかなりますが、年配の方ですと、かなり無理があるような気がします。

ちなみに、病院もこの坂を登っていくのですが、どう考えても無理がある話です。ただ、この坂を登って病院にいくわけですから、老人でも足腰が鍛えられそうな感じです。

もし、この坂が心配であれば、駅前からタクシーで行くと良いでしょう。タクシー運転手には「旅館
阿しか里(あしかり)」まで、と言えば大丈夫です。送迎サービスはありませんので、タクシーを使うしかありません。タクシーだと1200円程度とのことです。

途中から坂の勾配は落ち着きますが、全体的にかなりの坂です。ただ、ネタのために一度は挑戦してもらいたいと思います。

そして、この苦難を乗り越えた先に「旅館 阿しか里」があります。見つけたときに、これほどうれしくなった旅館はありません。

adsense

湯河原温泉 阿しか里の旅行記

今回、湯河原温泉の阿しか里と、その周辺の一人旅の模様を掲載した旅行記を紹介します。一人旅の参考になれば幸いです。

  1. 湯河原温泉 阿しか里 一人旅
  2. 東京駅から湯河原温泉へ、阿しか里に向けて出発
  3. まずは湯河原駅周辺で、名物といわれる坦々やきそばを「湯河原一番亭」で食する
  4. 湯河原駅からバスで旅館の阿しか里へ、その途中の難関とは
  5. 旅館 阿しか里の出迎え
  6. 旅館 阿しか里から不動滝へ
  7. 不動滝から万葉公園へ
  8. 足湯「独歩の湯」で足の疲れを取る
  9. 旅館 阿しか里の夕食
  10. 旅館 阿しか里の朝食
  11. 旅館 阿しか里での支払い、チェックアウト
  12. 旅館 阿しか里の露天風呂
  13. 旅館 阿しか里の室内風呂
  14. 湯河原「味の大西」で昼食
  15. 湯河原駅から東京駅へ戻る
  16. 湯河原温泉 旅館 阿しか里の一人旅にかかった費用
  17. 湯河原温泉 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense