京都 嵐山温泉 花伝抄の嵐山温泉、貸切風呂

「京都 嵐山温泉 花伝抄」には大浴場のほか、貸切風呂があります。

大浴場は嵐山温泉を用いた浴室があり、貸切風呂は無料で空いていれば自由に使える仕組みとなっています。

共に1階にありますので、そちらに移動。

通路を進んで浴室エリアに向かいます。

休憩所。新聞なども置いてありますので、風呂上りにでも新聞などを読むのも良いでしょう。

そして、貸切風呂が並ぶ湯巡り小路に。

全部で5種類の貸切風呂があります。

中で鍵をかけると、湯浴中の部分のランプがつくと思われます。ですので、入ったら鍵を必ずかけましょう。

伍の湯「絹の湯」の中へ。

中に入ると脱衣所が。

そしてシャワー。

露天風呂の湯船。色が白っぽい感じが絹のようなのでしょうか。お湯の触りも滑らかな感じがします。

露天ではありますが、眺めなどは周囲に囲いがあるため、見晴らしが良いわけではありません。しかし空を眺めることはできますので、夜などは良いのではないでしょうか。

他のお風呂も駆け足で見て回ります。

四の湯「竹庭の湯」。

周りが笹でおおわれています。

三の湯「茜の湯」。煉瓦でおおわれ、茜色だからこの名称なのでしょうか。

空を眺めた感じ。

弐の湯「夢想の湯」。こちらは露天ではなく、室内です。薄暗い感じが、眠気を誘います。

壱の湯「霧の湯」。霧状になった場所でくつろぎます。お風呂というよりかはサウナに近い感じです。

別途、瓶状のお風呂も。

これで一通り貸切風呂をチェック。

この他、大浴場があります。

大浴場の室内風呂は源泉嵐山温泉となっていますので、温泉好きにもお薦めです。

大浴場には露天風呂もありますが、こちらのお湯は趣向を凝らしたものとなっています。時期によっていろいろと変わるようです。

adsense

嵐山 京都 一人旅の旅行記

京都の嵐山の一人旅の旅行記です。前日『ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅』からの続きです。

  1. 嵐山 京都 一人旅
  2. 京都駅から嵯峨嵐山駅へ移動
  3. 嵯峨嵐山駅から渡月橋を通り、京都 嵐山温泉 花伝抄へ
  4. 京都 嵐山温泉 花伝抄の部屋
  5. 京都 嵐山温泉 花伝抄の嵐山温泉、貸切風呂
  6. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夕食
  7. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夜鳴きそば
  8. 京都 嵐山温泉 花伝抄の朝食
  9. 阪急嵐山駅から観光開始、渡月橋を通る
  10. 渡月橋から天龍寺へ
  11. 天龍寺 庭園
  12. 嵐山の竹林
  13. 大河内山荘庭園
  14. トロッコ嵐山駅を抜け御髪神社
  15. 常寂光寺
  16. 二尊院
  17. 祇王寺
  18. 滝口寺
  19. 野宮神社
  20. 渡月橋を最後にもう一度渡る
  21. 阪急嵐山駅前から京都駅へバスで移動
  22. 胡蝶庵「すき焼き弁当」
  23. 嵐山 京都 一人旅の費用
  24. 京都 嵐山 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense