阪急嵐山駅から観光開始、渡月橋を通る

宿泊した「京都 嵐山温泉 花伝抄」で荷物を預け、いよいよ嵐山エリアの観光開始です。

外に出てすぐの位置に、どの方向に何があるのかの案内の矢印があります。まずは渡月橋を目指して移動開始です。

阪急レンタサイクル嵐山というレンタサイクルがありました。自転車でいろいろと出かけたい人にお薦めです。ただ、人通りが多いため、自転車に適しているかと言われると微妙です。

阪急嵐山駅前のバス停。バスをうまく活用して観光も可能です。ちなみに、帰りはこのバス停から京都駅に戻ることにしました。

バス停の時刻表。本数は多くありません。しっかりと予定を立てましょう。

渡月橋方面に歩いていき、途中に橋がありました。

中ノ島橋。渡月橋の近くにある中ノ島に行くことが出来る橋です。

小川が流れています。

山側。

島は嵐山公園になっており、くつろぐことが出来ます。

足は小さな石が転がっていますので、やや歩きにくいでしょう。ハイヒールなどで行く場合は注意。

桂川沿いに来て下流方面を眺めます。ひらけていていい風景です。

川幅も結構あります。この川の両端をつなぐのが渡月橋(とげつきょう)です。

渡月橋方面。奥に山があります。左側の山が嵐山という山です。

どこに何があるかを表示した板。

どんどんと渡月橋に接近していきます。

敷地は広々としており、まだ朝早めのため、人も少な目です。

渡月橋近辺。

そして渡月橋。

渡月橋の上から見た嵐山やその奥の山。実は、桂川の上流側を大堰川(おおいがわ)と呼びぶこともあるようです。昔にそう呼ばれていたとのこと。

その名残か、渡月橋の端の部分には大堰川の文字が刻まれています。

反対側には渡月橋の文字が。

渡月橋の反対方面、JR嵯峨嵐山がある方面に到着し、さらに先に進みます。

adsense

嵐山 京都 一人旅の旅行記

京都の嵐山の一人旅の旅行記です。前日『ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅』からの続きです。

  1. 嵐山 京都 一人旅
  2. 京都駅から嵯峨嵐山駅へ移動
  3. 嵯峨嵐山駅から渡月橋を通り、京都 嵐山温泉 花伝抄へ
  4. 京都 嵐山温泉 花伝抄の部屋
  5. 京都 嵐山温泉 花伝抄の嵐山温泉、貸切風呂
  6. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夕食
  7. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夜鳴きそば
  8. 京都 嵐山温泉 花伝抄の朝食
  9. 阪急嵐山駅から観光開始、渡月橋を通る
  10. 渡月橋から天龍寺へ
  11. 天龍寺 庭園
  12. 嵐山の竹林
  13. 大河内山荘庭園
  14. トロッコ嵐山駅を抜け御髪神社
  15. 常寂光寺
  16. 二尊院
  17. 祇王寺
  18. 滝口寺
  19. 野宮神社
  20. 渡月橋を最後にもう一度渡る
  21. 阪急嵐山駅前から京都駅へバスで移動
  22. 胡蝶庵「すき焼き弁当」
  23. 嵐山 京都 一人旅の費用
  24. 京都 嵐山 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense