兵庫県立歴史博物館

好古園を出て、兵庫県立歴史博物館を目指します。

バスを利用するという手もありますが、歩いて向かいます。

まずは、姫路城内に入ります。

再び姫路城をチェック。

三の丸を右側経由で進みます。途中、看板もありますので、どの方向に進めばいいかはわかるようになっています。

右側から見た天守。

さらに進んで敷地外に出ます。

外から見た天守。

そして、案内板の表示を見ながら進むと、兵庫県立歴史博物館が見えてきます。

中に入ると姫路城天守の模型展示。結構作りこまれているのが印象的。

飲食店エリアもありますので、おなかが空いたら利用するのも良いでしょう。

受付で料金を支払います。特別展の料金込みで500円。特別展の内容によって料金は変わるようです。

訪れたときは歴史をいろどる群像というテーマの展示がありました。

顔はめパネル。中学生らしき人が騒いでいました。

展示はさまざまな掛け軸。歴史的有名な人物の掛け軸も多数あります。

土地の人として宮本武蔵。

織田信長や豊臣秀吉なども。

屏風の展示。

特別展を見終え、常設展エリアに向かいます。

姫路城と城下町の展示。

姫路城歴代城主の紋瓦。

全国の現存する12天守の模型。城の大きさなどが一目でわかります。

六葉釘隠し。姫路城で見かけた釘隠しをあしらった飾り。こうした飾りもわかる人には楽しめそうです。

武具。

江戸城天守の模型。

建築に使用していたと思われる木材。

出来事を漫画で描いたパネル。

姫路城天守。この角度から魅力的。2階から見ると高低差があるので、いい感じに見えます。

兵庫の祭りに関する展示。

子供博物館。こどものおもちゃなどが多数展示。

ドラえもんやアンパンマンやポケットモンスターやセーラームーンなど今現在生きている人にもわかる展示もあります。

鉄人28号。

大名行列の展示。

ここから1階の展示に移動。1階の展示は無料で見ることができます。

座敷。

ガラスでできた姫路城。

少女雑誌の展示。

兵庫の歩みというコーナーにある展示物。仏像など。

船。

と、ざっくり見ていき、滞在時間は1時間10分程度。もうちょっとゆっくり見ることもできますが、そろそろ帰りの時間も心配になってきたので、歴史博物館を後にしました。

帰りはループバス乗り場から姫路駅に戻ります。平日は30分に一本のため、この時間調整は重要です。

ループバスは博物館前から出ています。反対車線に移る必要がありますので、注意しましょう。

それにしてもいい天気で、暑いくらいでした。

ループバスが到着。満席のため、立っていました。途中で人が降りたので、そのあとは座って姫路駅まで移動。

料金は100円。

停車場所に関する案内も。うまく行先と絡められるのであれば、利用したいバスです。

そして、姫路駅前に到着し、姫路観光は終了、いよいよ東京に戻ります。

最後に姫路城側を眺めつつ。

adsense

姫路城 一人旅の旅行記

2016年6月上旬の平日に、兵庫県の姫路城へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 姫路城 一人旅
  2. 姫路に到着、姫路駅周辺
  3. ドーミーイン姫路の部屋
  4. 居酒屋さかなや道場で夕食、姫路名物を食す?
  5. ドーミーイン姫路の夜鳴きそば
  6. ドーミーイン姫路の朝食、姫路名物を多数用意
  7. 姫路駅前から姫路城への行き方
  8. 姫路城大手門から姫路城天守入城口
  9. 姫路城
  10. 姫路城天守
  11. 姫路城 百間廊下
  12. 姫路城天守の詳細
  13. 姫路城 備前丸、お菊の井戸
  14. 姫路城 黒田官兵衛ゆかりの石垣
  15. 好古園、姫路城脇の庭園
  16. 好古園にて抹茶を頂く
  17. 兵庫県立歴史博物館
  18. 穴子かさね重、駅弁を食す
  19. 姫路城 一人旅の費用
  20. 姫路 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense