みちのく伊達政宗歴史館

大通りを駅とは反対側に歩いていくと、「みちのく伊達政宗歴史館」があります。

こちらに立ち寄ってみることにしました。

入場料は1000円。かなり高いです。

ここは蝋人形によってさまざまな展示がされている施設です。

まずは東北の各地から出た偉人を蝋人形で紹介。

見て、何となく、これはだれか、というのがわかる人もいると思います。県別に分かれて飾ってあります。

ただ、どちらかと言えば、メインはこの伊達政宗公の蝋人形コーナー。

伊達政宗の幼少期から、最後までを蝋人形で表現しています。また、パネルによって蝋人形の当時の様子なども記載されているため、歴史の勉強にもなります。

伊達政宗の幼少期に教えていた虎哉宗乙とのやり取り。

祝言。年齢は13歳と11歳のはずが、蝋人形だといい年齢に見えてしまうのはどういうことかと。嫁は愛姫(めごひめ)。

初陣の伊達政宗。

戦いで親を亡くした様子。

人取橋での戦いの様子。

他にもいろいろな蝋人形が。

小田原攻めの時に豊臣秀吉に謁見したときの様子。

再び京都で豊臣秀吉に会いに行った時の様子。

このような感じに、蝋人形で伊達政宗の歴史が楽しめます。

歴史が好きなら楽しめる場所ではないでしょうか。

ちなみに、1時間ほど滞在しましたが、他には誰一人来ませんでした。

観光バスでまとまって人が来ないと、なかなか人が入らないような施設に感じます。

言い方を変えると、だからこそ、ゆっくりと歴史を堪能できるかもしれません。

平日のことなので、休日の混み具合は不明。

adsense

松島 一人旅の旅行記

2017年1月中旬の平日に、宮城県の松島へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 松島 一人旅
  2. 仙台駅から松島までの行き方
  3. 松島海岸駅に到着、遊覧船チケットを購入
  4. 遊覧船に乗り込み、松島周遊スタート
  5. 松島を遊覧船で周遊
  6. 伊達の五郎八姫の霊廟
  7. 円通院
  8. 瑞巌寺
  9. 瑞巌寺 五大堂
  10. 福浦橋と福浦島
  11. 松島かき三昧、櫻井で食す
  12. みちのく伊達政宗歴史館
  13. 松華堂で焼きたて煎餅を食し、松島海岸駅から東京へ
  14. 松島 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense