松島を遊覧船で周遊

松島から遊覧船が離れていきます。

福浦橋。出会い橋とも言うようです。後ほど、訪れました。

そして、進行方向。さまざまな島が立ち並んでいます。

こうした島々に関する説明を館内放送で行ってくれます。船のデッキに出ていても、放送は聞こえます。

どんよりした空と、晴れ渡った空。

写真はできるだけ晴れた方向を見るように撮影しました。

ただ、だんだんと全体的に晴れてきたこともあり、気分も上昇。

船の後ろ側。陸から結構離れました。

だんだんと太陽も雲から顔を出し、逆にまぶしいくらいに。

島にはいろいろと名前もあるのですが、結局覚えきれず。

牡蠣の養殖やノリの養殖なども行っているので、ところどころ、そうした仕掛けも見えます。

訪れたときの空を見たときは、せっかく来たのにこの天気では、と思っていましたが、ここまで晴れてくると、一気にテンションが上がります。

仕掛けの上はウミネコでしょうか。白いものが見えます。昔はかっぱえびせん目がけて飛び回っていたのですが、今回はまったく空を舞っている鳥はいませんでした。

何かの作業中。たぶん、ノリかと。

遠くの山並みも見えます。

松島の西側にある塩釜という地域。こちらも漁業が盛んです。観光で見て回れるところもありますので、セットで訪れるのも良いでしょう。

複数の貫通した穴が開いている島。鐘島です。

どんどんと船が進んでいきます。

仁王島。これも特徴的です。

他の船も行きかいます。

水島。この辺りから乗り場に徐々に戻り始めます。ここで出発から26分ほど。

桂島を回り込む形で港に帰っていきます。

陰田島。

島には人が住める場所もあるため、そうした場所では家が立ち並んでいます。

それにしても、いい天気に恵まれました。天気に合わせて旅行日程を立てているので、最初訪れたときには天気予報に裏切られた気持ちでしたが、1周してくる間にここまで晴れるとは。

そして、約50分の船旅は終わり。

十分満喫できました。

adsense

松島 一人旅の旅行記

2017年1月中旬の平日に、宮城県の松島へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 松島 一人旅
  2. 仙台駅から松島までの行き方
  3. 松島海岸駅に到着、遊覧船チケットを購入
  4. 遊覧船に乗り込み、松島周遊スタート
  5. 松島を遊覧船で周遊
  6. 伊達の五郎八姫の霊廟
  7. 円通院
  8. 瑞巌寺
  9. 瑞巌寺 五大堂
  10. 福浦橋と福浦島
  11. 松島かき三昧、櫻井で食す
  12. みちのく伊達政宗歴史館
  13. 松華堂で焼きたて煎餅を食し、松島海岸駅から東京へ
  14. 松島 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense