京都鉄道博物館、運転シミュレータの体験、事前抽選など

京都博物館では運転シミュレータによる体験も可能です。

ただ、体験するためには事前に抽選に当選する必要があります。

まず、2階にある運転シミュレータの場所にいるスタッフに抽選権を貰います。この段階で、何時からの体験の抽選に参加できるかが決まります。

一回の入場につき1回のみ抽選に参加出来、入場チケットが必要になります。

抽選の時間になったら、2階にある所定の場所に向かいます。運転シミュレータの場所とは別の場所ですので注意が必要です。

スケジュール表記。発見時間と当選発表時間、そして体験時間や当選人数が表示されています。

抽選に参加する人が続々と集まっています。

抽選と言っても、自らで何かをするわけではなく、結果が発表されるだけです。

そして、結果発表。電子掲示板に数字が並びます。平日ですが、全員当選とはならず、数字はところどころ抜けています。このため、休日や夏休み期間中だとなかなか当選できない可能性もあります。

幸い当選できたので、受付でチケットを入手。この時、チケットを受けとった順で体験ができるため、時間の都合がつきにくい人は早くに並んだり、遅くに並ぶなどして調整しましょう。

そして、自分の体験できる時間になりましたので、チケットをもって運転シミュレータの場所に移動。

体験できる機器は自動的に選ばれるため、好きな車両に乗りたい、ということはできないようです。

体験場このような場所で出来ます。やはり子供が多めで親子連れが目立ちます。

別途あったシミュレータ。

さっそく自分の番が来たので体験します。今回は223系の在来線の運転シミュレータです。

操作できる場所はこのような感じ。主に2つのレバーを用いて操作します。

自分で運転するかコンピュータにおまかせするか選べます。解説の有り無しも選択し、そして運転開始を押します。

左側のレバー。俗にいうマスコンと呼ばれるもの。ここではアクセルの役割です。

右側のレバー。ブレーキの役割です。

ランプがついたらスタート。

画面。ゲームとかにもありそうな画面です。

あとは画面に応じてレバー2つを操作し、進行したり停めたりを繰り返し、うまく電車を動かしていきます。

時間が経過したら終了。

この手のものはゲームなどでも発売されていることもあるため、そちらをプレイするのもよいのでしょうが、こうした場所でプレイするのもまた感慨深いものがあります。

事前の受付や抽選が多少面倒には感じますが、時間の都合がつくのであれば申し込んでみてはどうでしょうか。

adsense

京都鉄道博物館 京都 一人旅の旅行記

2018年6月下旬の平日に、京都府の京都鉄道博物館へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 京都鉄道博物館 京都 一人旅
  2. 京都駅から京都鉄道博物館への行き方
  3. 京都鉄道博物館、室内に入るまでにも多数の車両展示
  4. 京都鉄道博物館で昼食、味は・・・
  5. 京都鉄道博物館、室内展示には多数の車両、パネル展示も
  6. 京都鉄道博物館、運転シミュレータの体験、事前抽選など
  7. 京都鉄道博物館、鉄道ジオラマ
  8. 京都鉄道博物館、多くの展示、体験スペース
  9. 京都鉄道博物館、扇形車庫にSL機関車大量展示、転車台も
  10. 京都鉄道博物館、SLスチーム号でSL機関車に乗車可能
  11. 旧二条駅舎を出て、京都駅へ帰還
  12. 京都タワーホテル アネックスに宿泊、朝食など
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense