京都鉄道博物館、室内に入るまでにも多数の車両展示

京都鉄道博物館に到着し、さっそく中へ。

入場券を買います。自動券売機で1200円。

そして、中に入ります。

まず最初に、外に置かれた列車の数々。

C62。大型高速旅客用の蒸気機関車。1954年に狭軌の蒸気機関車としては世界最速の129km/hを記録したとのこと。

腕木式信号機。腕木は「うでぎ」と読みます。

クハ86形1号車。東海道本線の旅客列車の電車化のために開発された車両。1950年から運行。このオレンジと緑の塗装は「湘南色」と呼ばれているそうです。

中の様子。

初代新幹線の0系。1964年の東海道新幹線用として運行。最高運転速度は210km/h。

新幹線の車両の中。今現在と同じく座席は3席と2席のセット。

0系のグリーン車。こちらは2席の2セット。

マロネフ59形1号車。皇族や貴賓専用の寝台車。2等寝台。

お弁当売り場。新幹線をかたどったランチBOXもあります。子供にお薦めできそうですが、名称はなぜか「大人の700系新幹線ランチBOX」。食材等が大人向けなのでしょうか。

すぐそばに車両が解放されており、この車両の中で食事が可能です。

0系新幹線の展示。中に入ると展示物があり、新幹線に関して知ることが可能です。

さまざまな列車の技術が新幹線に導入されたというパネル。

DD54形。日本初の中型ディーゼル機関車。車体はヨーロッパ風のデザインとのこと。

クハ103形1号車。1964年から1984年に生産された通勤形電車の先頭車。各線区ごとに塗装を変更しており、大阪環状線ではオレンジ色、阪和線ではスカイブルーなどが有名とのこと。ただ、関西に住んでいる人からすれば有名でも、関東で過ごしてきた人からすると、よくわからないのが正直な感想。

車内の様子。ロングシートとなっています。今でもよくあるタイプの通勤形の車両。

ここまでいろいろな車両を見てきましたが、まだメインの建物内には入っていないのが驚きです。

これから先は、室内の展示室に入っていきます。

adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense