偕楽園の表門、吐玉泉、御成門、東門を経て、バス停へ

偕楽園の好文亭を出て、あとはぶらぶらと散策です。

まずは表門へ移動。こちらは入口の一つです。

続いて、表門の側にある一の木戸から先に進みます。

左側は孟宗竹林、右手は大杉森の間を抜けていきます。

しばらく進むと下り階段に。この先に吐玉泉があります。

吐玉泉。水が湧き出ています。

続いて移動。御成門へ向かいます。

咲き乱れまではまだまだの梅の花を眺めつつ、東西梅林を移動。

ところどころ咲いている梅の花もあります。早咲きの梅と思われます。こうした早咲きの梅もあるため、比較的長い期間、梅の花を楽しむことができます。

そして、偕楽園の御成門へ到着。ここも入口の一つです。

御成門を見て、再び偕楽園内に入り、東門へ移動。東門から中に入ってきましたので、これで一通り見終えたことになります。

偕楽園東門からお土産物売り場を眺めつつ北上。

すると道路に出て、偕楽園東門のバス停に到着です。

バスの時間を見ると、1時間に1本か2本程度。しかも、時刻表を見るとバスが出たばかりの時間に。16時8分にバスがあったものの、ここへの到着は16時12分。

仕方がないので、別の大通り目指して移動でもするかと地図を確認。

なぜか近くにおばさんグループが待機してバスを待っていたので、地図を見つつ、もしかしたらまだ来ていないのかと少し様子見。すると、時間に遅れたバスが到着しました。5分遅れでバスが到着しました。

駅方面を目指すバスで、途中に偕楽園前というバス停に停止。この場所が偕楽園へ向かう主だったバス停です。バスの本数も多めです。

adsense

水戸 偕楽園 一人旅の旅行記

水戸の偕楽園へ一人旅の旅行記です。偕楽園とその周辺、そして食は水戸ラーメンと常陸牛を堪能しました。

  1. 水戸 偕楽園 一人旅
  2. 水戸へ移動、寝過ごしに運休などのトラブル多発
  3. 上野駅から快速で水戸駅へ
  4. 水戸駅から水戸東照宮へ
  5. 水戸藩ラーメンを食べるために鈴龍へ
  6. 千波湖周囲を散策
  7. 映画「桜田門外ノ変」オープンセットへ
  8. 千波湖からSLデゴイチを見て、偕楽園へ
  9. 偕楽園近くの常盤神社、義烈館
  10. 偕楽園を散策
  11. 偕楽園の好文亭
  12. 偕楽園の表門、吐玉泉、御成門、東門を経て、バス停へ
  13. 水戸タワーへ
  14. 常陸牛きくすい、常陸牛を食す
  15. 水戸駅からスーパーひたちで上野駅へ
  16. 水戸 偕楽園 一人旅の費用
  17. 水戸 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense