千波湖からSLデゴイチを見て、偕楽園へ

映画「桜田門外ノ変」オープンセットを見て、いよいよ偕楽園方面へ進みます。

その手前にはSLデゴイチが展示されていました。一瞬、動くのかと思いましたが、そんなことはなく。

運転席に乗り込むことも出来ます。電車好きなら楽しい場所になるかと。もっとも、電車好きであれば、動いているものを見に行くかもしれませんが。

途中、好文cafeがあります。ここで休憩が可能です。

近くには水戸光圀の像があります。

また、別の場所にはテレビ放映されたドラマの水戸黄門をモチーフにした看板も。顔を入れて記念撮影するタイプの看板です。

出店も多数出ています。

徳川斉昭と七郎麻呂の像です。この下で記念撮影の団体がいたため、近寄れませんでした。

偕楽橋。

橋の上から偕楽園の方を眺めます。まだ、ちょっと距離があります。

湖の方では貸しボート屋が。スギ花粉が飛び交う時期でなければ、ボートに乗ってみたいと思いましたが。もちろん、一人で。

偕楽橋を進んでいきます。

だんだんと偕楽園が見えてきました。一部、梅の花も咲いています。

電車は偕楽園の脇を通っています。ホームもあり、この駅は偕楽園駅。ただし、ここに電車が止まるのは臨時のみ。繁忙期の土日のみ停まるようです。

この線路を抜けた辺りで、偕楽園に到着です。

adsense

水戸 偕楽園 一人旅の旅行記

水戸の偕楽園へ一人旅の旅行記です。偕楽園とその周辺、そして食は水戸ラーメンと常陸牛を堪能しました。

  1. 水戸 偕楽園 一人旅
  2. 水戸へ移動、寝過ごしに運休などのトラブル多発
  3. 上野駅から快速で水戸駅へ
  4. 水戸駅から水戸東照宮へ
  5. 水戸藩ラーメンを食べるために鈴龍へ
  6. 千波湖周囲を散策
  7. 映画「桜田門外ノ変」オープンセットへ
  8. 千波湖からSLデゴイチを見て、偕楽園へ
  9. 偕楽園近くの常盤神社、義烈館
  10. 偕楽園を散策
  11. 偕楽園の好文亭
  12. 偕楽園の表門、吐玉泉、御成門、東門を経て、バス停へ
  13. 水戸タワーへ
  14. 常陸牛きくすい、常陸牛を食す
  15. 水戸駅からスーパーひたちで上野駅へ
  16. 水戸 偕楽園 一人旅の費用
  17. 水戸 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense