熊本城天守閣へ

熊本城天守閣へは右側の入り口から中に入ります。

熊本城の一口城主の名前が大量に並んでいます。この名前の一覧は、1階だけでなく、他の階にも所狭しと並んでおり、ちょっと場所がもったいないような感じがします。しかし、一口城主としてお金を払った人がいるから、今の熊本城があるわけですので、この辺りは仕方ないのかもしれません。

天守閣内では、資料の撮影ができません。歴史的な資料以外の、たとえば説明書きなどは写真撮影可です。

しゃちほこ。

本来であれば下に降りる階段。段差がきついことが窺えます。

歴史に関する説明などの展示もあります。

城下町の模型。

城を建てた加藤清正に関しても多く掲載されています。

天守閣の模型図。

ビデオ上映による説明もありました。15分間です。

資料を見つつ、上の階を目指します。

途中、他の城の写真が並んだエリアも。他の城でも、この光景が見られます。協力して盛り上げていこうということでしょう。

ブック状になっている城の詳細を記した資料。日本地図もあるので、どこに何城があるのかわかります。

そして、最上階へ。熊本の街並みや、遠くの山並みが見えます。

熊本城内自体広いため、見下ろすことで、城をまた違った角度で楽しめます。

お約束の何が見えるかを記した写真も用意されています。

ハトが瓦で休憩中。

天守閣前の広場。下にいた時は広く見えましたが、上から見ると小さく見えます。

本丸御殿。

一通り景色も堪能し、下に降りて天守閣から出ました。

天守閣にいた時間は1時間10分。途中のビデオ15分と、そして各種資料をじっくり見ていたため、これくらいの時間に。

adsense

ホテルクレスティア鹿児島 鹿児島 一人旅の旅行記

熊本城を見学してから鹿児島に移動する旅行記。鹿児島ではホテルと夕食の話などを掲載しています。

  1. ホテルクレスティア鹿児島 鹿児島 一人旅
  2. 熊本城へ移動
  3. 熊本城内を散策
  4. 熊本城天守閣へ
  5. 熊本城本丸御殿
  6. いきなり団子を食す
  7. 熊本城宇土櫓へ
  8. 熊本城の数寄屋丸二階御広間へ
  9. 飯田丸五階櫓を見学後、熊本城から去る
  10. 紅蘭亭で太平燕(タイピーエン)を食す
  11. 熊本から鹿児島中央に移動、そしてホテルへ
  12. ホテルクレスティア鹿児島の部屋
  13. ホテルクレスティア鹿児島の設備
  14. 一二三で黒豚しゃぶしゃぶを食す
  15. ホテルクレスティア鹿児島 鹿児島 一人旅の費用
  16. 鹿児島 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense