熊本城本丸御殿

続いて熊本城の本丸御殿に向かいます。天守閣からすぐ近くに位置します。

さっそく入口から中へ。

靴は脱ぎます。入口でビニール袋を受け取り、その中に靴を入れ、持ち歩いて移動です。

ずずいと中へ。

模型など。パネル展示もあります。

食の体験コーナーというのもあるようですが、予約制でした。

壁の作り方に関する説明書き。他の城でも似たようなものが展示されています。

大御台所。

真上を見ると、光っているところが。あの場所から煙を出すようです。

囲炉裏。

かまど。

そして料理例。

屏風。

建築に使われているさまざまな技術を見ることが出来る場所。どういった仕組みで木と木が組み合わさり、外れないようになっているのかなどを触って体感出来ます。いくつかのパターンを展示。

木の種類。触って質感を確認出来ます。さすがに触っただけで、どれが何であるかはわかりませんでした。

ビデオ上映をしている場所があるので、休憩も兼ねてみました。畳の上で見ることができます。

石庭も。

この熊本城の本丸御殿で、将棋の勝負が行われたとのこと。その時の写真も展示。

掛け軸。遠い位置にあるので、ちょっと見えにくい展示物です。

一部の室内の様子。こちらも中に入る事が出来ず、遠くに見えるので、細かいところは分かりにくくなっています。見られる場所が限定されるため、人でごった返していました。

天井に描かれたさまざまな花。

茶室。侘び寂びが感じられます。

襖。鶴が描かれています。

以上、一通り見終え、本丸御殿を後にしました。

実は、ここで見学していた時に、殿様と思われるコスプレをしたスタッフがいたのですが、ちょうど本丸御殿に入ってきたところを見ました。その時の様子が滑稽でなんだか面白く。即座に写真を撮れたら良かったのですが、残念ながら撮れず。

また、この殿様は声がやたらと渋く、また成りきって言葉を選んでいるため、雰囲気は出ています。

しかし、車椅子を畳の上で移動していた人に指摘した時に、声が渋いため、逆に威圧的に感じる一幕も。なかなか難しいものです。

adsense

ホテルクレスティア鹿児島 鹿児島 一人旅の旅行記

熊本城を見学してから鹿児島に移動する旅行記。鹿児島ではホテルと夕食の話などを掲載しています。

  1. ホテルクレスティア鹿児島 鹿児島 一人旅
  2. 熊本城へ移動
  3. 熊本城内を散策
  4. 熊本城天守閣へ
  5. 熊本城本丸御殿
  6. いきなり団子を食す
  7. 熊本城宇土櫓へ
  8. 熊本城の数寄屋丸二階御広間へ
  9. 飯田丸五階櫓を見学後、熊本城から去る
  10. 紅蘭亭で太平燕(タイピーエン)を食す
  11. 熊本から鹿児島中央に移動、そしてホテルへ
  12. ホテルクレスティア鹿児島の部屋
  13. ホテルクレスティア鹿児島の設備
  14. 一二三で黒豚しゃぶしゃぶを食す
  15. ホテルクレスティア鹿児島 鹿児島 一人旅の費用
  16. 鹿児島 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense