指宿シーサイドホテルの夕食

夕食の時間になったため、夕食会場に移動。1階のダイニングルームで食べます。夕食券を忘れずに持っていきます。

座る席は決められており、部屋番号や名前が記入してあります。スタッフが案内してくれますので、入口で部屋番号を伝えましょう。

やや大きめの観光ホテルのため、家族や団体客なども多めです。ですが、一人旅のお客も数名いました。一人旅のお客は隅の方で、テーブルそのものは独占ですが、比較的近くにテーブルに並べられたため、ちょっとおかしな感じがします。

すでにテーブルの上にある程度の料理が並べてあります。

まずは飲み物を注文。生ビール683円。

さっそく料理をチェック。

そらまめ、卵、エビ、貝類など。豆腐はごま豆腐だったでしょうか。いまいち記憶があいまいです。カニなどの酢の物もあります。

漬物。

焼き物の豚肉と野菜。今回の宿泊プランでは3つのメニューのうちから1つを選べるというプランでした。選択したのがこの焼物です。

刺身。

サラダ。ここにもエビがあります。

茶碗蒸し。

立て続けに料理が運ばれてくるため、やや忙しいです。

しばらくしたら焼物が完成。

焼き肉のたれが用意されていますので、それを使用します。

食べ物が済んだ後、スタッフに言ってご飯とお味噌汁を持ってきてもらいます。ご飯はしそご飯です。

最後に水もののパイナップル。

以上で夕食は終了。

ビール代などは宿代を払う時にまとめて支払うことになるため、ここでは現金等の用意は不要です。

食べ終えたら席を立ち、部屋に戻ります。

一人旅が他にもいるため、さほど孤独感はないものの、席が近くに並べられていることから、逆に違和感があります。

また、やはり観光ホテルのため、団体客やグループ客が多く。一人に慣れていない人は、この辺りに抵抗感があるかもしれません。

料理に関しては…。

観光ホテルということで、味はご想像にお任せします、ということで。際立った料理がないため、評価が難しいです。個々の味は、特徴の乏しいものも多いですし。

adsense

指宿シーサイドホテル 指宿 一人旅の旅行記

前日の鹿児島中央からの旅行記です。鹿児島中央で昼食を食べた後、指宿に向かっています。

指宿では観光をしていないため、主にホテルで過ごした話が中心。

  1. 指宿シーサイドホテル 指宿 一人旅
  2. 昼食までドトールコーヒーで時間つぶし
  3. とんかつ川久で上ロースかつを食す
  4. 鹿児島中央駅から指宿駅へ
  5. 指宿駅から宿泊先の指宿シーサイドホテルへ移動
  6. 指宿シーサイドホテルの部屋
  7. 指宿シーサイドホテルの設備、周辺散策
  8. 指宿シーサイドホテルの夕食
  9. 砂蒸し風呂を体験
  10. 指宿シーサイドホテルの朝食
  11. 指宿シーサイドホテルを出発し、ホテル密集エリアを見学
  12. 指宿シーサイドホテル 指宿 一人旅の費用
  13. 指宿 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense