あべのハルカス 展望エリア

あべのハルカスの展望エリアまでやってきました。

60階、300メートルの高さです。東京スカイツリーの高さが634メートル、上部の展望エリアは450メートルですので、あべのハルカスの300メートルも結構な高さと言えるでしょう。

窓ガラスにはどこに何があるかを示したマークが描かれています。

下を見下ろした感じ。天王寺動物園辺りです。

本物の大坂城がある方向。

あべのハルカスのマスコットキャラクター「あべのべあ」。

60階部分は長方形に歩くスペースが用意されています。

中央部分は天井がありません。

小学生の団体も多め。

60階部分だけでなく、59階、58階もあります。58階部分は天空庭園という広間になっており、飲食スペースが用意されています。とはいえ、持ち込み禁止のため、58階で売られている物を買わないと食べることはできません。

通天閣。十分な高さのタワーのはずなのに、低く見えます。

一部、下がガラスになっている場所があります。

ですが、すぐ下が鋼材のため、下を眺めとおすことはできません。意味のないガラス張りのように感じます。

それでも、ガラスの真上に立つとヒヤヒヤします。

天候が悪く、あまり先まで見渡せません。天気が良い日を選らんで訪れたほうが、より楽しめそうです。

雨の日はガラスにペイントして楽しむこともできるようです。それで記念撮影をするのですが、一般の人が描いたものはすぐに消されてしまいます。

あべのハルカスでは、60階だけでなく、さらに上のヘリポートまで登ることが出来るサービス「ヘリポートツアー」を実施。有料で500円。

天候が悪いと中止となります。この人は雨が降っていたため、中止になりました。人数制限があるため、興味がある人は受付をしておきましょう。なお、この受付は60階でしか受けられません。2階からとか、前日予約などはできませんので注意。

59階に移動。お土産物屋があります。地上に戻るにも59階に来る必要があります。

58階。飲食スペースです。

天空遊園。上には天井が無いため、雨が降っていると濡れます。端の方でしたら60階の歩くエリアの下になるため、濡れません。

58階の立入禁止区域。この先が、60階の床ガラスの位置になります。下から覗けたら駄目だろう、との判断かと。

ビールの販売も。ただ、この時はスタッフ等はいませんでした。時間限定でしょうか。

一通り見終わったので、展望エリアを後にしました。

滞在時間は30分。

16階に戻ってきました。

16階にも展望エリアがあるため、料金が惜しいと思う方は、こちらで堪能しましょう。見える方向は限定されています。

この後、通天閣にでも行こうかと思って歩いて行きましたが、途中から雨が降り出したのでホテルに戻ることにしました。

大坂城(?)。

目指していた通天閣。

そして、あべのハルカスでした。

  1. あべのハルカス 大阪 一人旅
  2. 彦根駅から大阪駅を経由し天王寺駅への行き方
  3. あべとん あべの横丁でお好み焼きを食す
  4. あべのハルカス、チケットの買い方、エレベーターでの移動
  5. あべのハルカス 展望エリア
  6. バリタワー大阪天王寺の部屋
  7. 串の坊 あべのハルカス店で夕食
  8. バリタワー大阪天王寺の朝食
  9. 大坂城 一人旅
  10. 大坂城 天守
  11. 大坂城 西ノ丸庭園
  12. 豊國神社
  13. 森ノ宮駅から大阪駅経由、新大阪駅への行き方
  14. 道頓堀くくる 新大阪駅新幹線構内でたこ焼きを食す
  15. あべのハルカス 大阪 一人旅の費用
  16. 大阪 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense