稚内桟橋駅の防波堤、稚内港

引き続き稚内駅周囲の観光を実施。

夜にも見た稚内桟橋駅の防波堤に行きます。全体の長さもしっかりと確認可能。

近くの道路まで接近。

そして、桟橋の下へ。

どんどんと進んでいき、奥まで到着。奥の脇には港があります。

稚泊航路記念碑。

汽車の車輪。C55型です。

港の端。

この場所には海上保安庁の巡視船「れぶん」が停泊していました。

遠くにはフェリー乗り場。

位置を変えて稚内桟橋駅の防波堤をチェック。

海上保安庁の巡視船「れぶん」と防波堤。

10分ほど歩いて稚内フェリーターミナルへ。

この稚内フェリーターミナルは離島の利尻島、礼文島へのフェリーが運航しています。

1階の様子。人もおりません。

2階のフェリー乗り場。

結構多くの椅子が用意されています。

外に面した椅子にはタクシー運転手らしき人が多く休憩していました。

2階には飲食店も。開いていませんでしたが。

もう一つの飲食店「ベーカリー&レストラン波流」は2012年2月29日に閉店していました。

離島に行くわけではないので、パッと見て移動。

続いて同じ位置の前にある稚内港国際旅客ターミナルをチェック。しかし、シャッターが閉まっていて何も見ることができず。ここからはサハリン(旧樺太)へ行くフェリーが運航します。しかし、期間限定のため、この時期は締まっていました。

金網越しにフェリーが見えます。

稚内の丘には百年記念塔が遠くからでも見えます。

周囲の散策を終え、いよいよ稚内駅に戻ります。

adsense

旅の宿うぶかた 稚内 一人旅の旅行記

3泊4日の3泊目。前日宿泊した札幌から電車で稚内駅まで移動し、翌日帰宅するまでの旅行記です。

  1. 旅の宿うぶかた 稚内 一人旅
  2. 札幌駅からスーパー宗谷で移動開始
  3. 宗谷本線を経由し稚内駅へ移動
  4. 稚内駅、日本最北端の駅をチェック
  5. 宗谷岬で日本最北端を堪能、稚内駅からバスで移動
  6. 宗谷岬の日本最北端以外の場所をチェック
  7. 宗谷岬周辺でバスが来るまで3時間以上待つ
  8. 宗谷丘陵を登っていく
  9. 旅の宿うぶかたチェックイン
  10. 「旅の宿うぶかた」の部屋
  11. 「旅の宿うぶかた」の設備
  12. 北の味心 竹ちゃんで「たこしゃぶ」の夕食
  13. 夜の稚内駅周辺、稚内桟橋駅の防波堤の夜景など
  14. 「旅の宿うぶかた」の朝食
  15. ノシャップ岬へバスで移動
  16. 稚内駅周辺の量徳寺や北門神社をチェック
  17. 稚内桟橋駅の防波堤、周囲の港
  18. 稚内駅「キタカラ」でコーヒーを飲みつつ休憩
  19. 稚内駅前バスターミナルから稚内空港へ
  20. 稚内空港で塩ラーメンを食す
  21. 稚内空港でお土産購入、展望デッキで飛行機を眺める
  22. 稚内空港からANA572便で東京へ帰還
  23. 旅の宿うぶかた 稚内 一人旅の費用
  24. 稚内 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense