日光東照宮奥宮

日光東照宮の眠り猫のいる門の下を通り抜け、奥に進みます。

この場所からは急な階段もあるなど、険しい道になります。

石段と石柵。

この石段は、1枚の岩を用い、石棚は一本石をくりぬいて作ったとのこと。いくつもの石を組み合わせて作ったのではなく、大きな石をそのまま使っている点が特徴のようです。それだけ、手間暇かけて石選びから行ったということでしょう。

つなぎ目などがないきれいな石段です。

立て看板には「人の一生は重荷を負うて 遠き道を行くが如し
急ぐべからず」の文字が。徳川家康の遺訓です。長い階段を上ってきた先にある言葉ですので、その場にも適した言葉だったりします。特に年配の人はきつい階段のため、この言葉で急がずゆっくり行こうという考えになるかもしれません。

最後の階段を上っていきます。

この鳥居を抜けると奥宮に到着です。

下を見下ろすと結構な段差であることがわかります。眠り猫の場所から4分くらいで到着。ゆっくり歩くと、もっとかかります。

奥宮にある建物。

休憩所。飲み物の自動販売機もあります。

価格はやや高めでしょうか。

奥宮拝殿。重要文化財です。

奥宮拝殿の後ろ側に別の門がありますが、その先が徳川家康の墓所がある場所です。

鋳抜門。重要文化財です。

徳川家康の墓所。

奥宮宝塔。徳川家康の棺を納めた場所とのことです。以前は木造でしたが、石造に変更され、今に至っています。

宝塔の前にある像など。

周囲をぐるりと回ることも可能です。

叶杉。願いを唱えると叶うと言われています。

7分ほど奥宮に滞在し、再び階段を下っていきます。

adsense

七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅の旅行記

初日の鬼怒川温泉への宿泊と、翌日の日光東照宮周辺の世界遺産の観光の一人旅旅行記です。

  1. 七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅
  2. 浅草駅から鬼怒川温泉駅に「特急スペーシアきぬ」で移動
  3. 日光名物ゆばちらし寿司
  4. 特急スペーシアきぬ、車窓を見ながら鬼怒川温泉駅へ
  5. 鬼怒川温泉駅周辺とRainbowで休憩
  6. 鬼怒川温泉駅から七重八重へ移動
  7. 七重八重の部屋
  8. 七重八重の鬼怒川温泉露天風呂
  9. 七重八重の夕食
  10. 七重八重の朝食
  11. 七重八重から鬼怒川温泉駅へ、鬼怒川ライン下りなど
  12. 鬼怒川温泉駅から東武日光駅へ
  13. 東武日光駅からバスで日光東照宮へ
  14. 日光山輪王寺の逍遥園、宝物殿
  15. 輪王寺、三仏堂は修理中
  16. 輪王寺から日光東照宮へ
  17. 日光東照宮、五重塔
  18. 日光東照宮の神厩舎の三猿
  19. 日光東照宮の陽明門、眠り猫
  20. 日光東照宮奥宮
  21. 日光東照宮御本社、神楽舎で鳴龍
  22. 日光二荒山神社
  23. 日光二荒山神社の世界遺産「日枝神社」「神輿舎」「大国殿 宝形造」
  24. 日光輪王寺大猷院
  25. 日光東照宮 御神宝展
  26. 勝道上人像を眺めつつ、日光東照宮周辺を後に、歩きとバスで東武日光駅に移動
  27. 名物ゆば入り鶏わっぱ
  28. 七重八重 鬼怒川温泉 一人旅の費用
  29. 鬼怒川温泉 宿・地図
  30. 日光 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense