坂本龍馬、中岡慎太郎の墓、京都霊山護国神社、そして霊山歴史館

続いて比較的近くにある坂本龍馬の墓に向かいました。

その側には幕末維新ミュージアムもあります。

維新の道。ここを登っていきます。

看板を発見。

ここが京都霊山護国神社、またの名を京都神社です。そして、この右手の山の上にさまざまな人物の墓があります。

まずは入口で代金を支払います。

自動式で300円。

先に進みます。階段等はありますが結構な段差を登っていくことになります。足腰が弱い人は、ちょっと厳しいかもしれません。

途中のベンチ。ここで休んで京都市内を見下ろすのも良いでしょう。

ベンチの上には坂本龍馬年表も。

京都の町並み。

天誅組総裁の土佐藩吉村寅太郎の墓。こうした墓が多数あります。幕末関連の人だけでなく、一般の人と思われる墓もあります。

安政の大獄に連座した若狭の梅田雲浜の碑。

坂本龍馬と中岡慎太郎の墓。入口から10分ほどでした。

左が坂本龍馬、右が中岡慎太郎。

銅像もありました。

手すりにも海援隊隊長坂本龍馬の文字が記され、その先には京都市内が見えます。

階段はさらに奥にも続いています。坂本龍馬の墓のみを目当てであればここまででも良いでしょうが、さらに際に進んでみました。

奥まで進むと桂小五郎とその妻の幾松の墓があります。

桂小五郎はその後、木戸孝允と名前を変えています。墓には木戸孝允の名前がありましたので、同一人物であることを知らないと、いつまでたっても桂小五郎の墓を探し回る羽目になります。

その他の墓の様子。結構墓石が倒れているものがあるなど、あまり整備されていない状態です。

昭和の社。

パール判事の顕彰碑。第二次世界大戦後の裁判でおかしな点を指摘したインドの判事。

25分ほど滞在し、次の場所に移動しました。あまり資料等があるわけではありませんが、そういったものはすぐそばの霊山歴史館で学ぶことができます。

続いて訪れたのが「京都・東山 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館」。

京都霊山護国神社から歩いて1分で到着可能です。

中はパネル展示や映像放映など。

衣装に着替えて記念撮影ができる場所もあります。

数少ない撮影可能スペース。

篤姫の顔ハメパネル。ちょうどテレビでNHK大河ドラマで西郷隆盛をテーマにした放送があるからか、その時代の人物である篤姫のパネルがあるのでしょうか。

一通り霊山歴史館を見終え、帰路に。霊山歴史博物館には1時間50分ほど滞在していました。

そして、小路を進んでバス停まで向かいます。

途中で見つけた五重塔。通称「八坂の塔」と呼ばれているようです。

この五重塔があるのは法観寺というお寺です。

そして近場のバス停「清水道」からバスに乗り、京都駅前まで到着。運賃は230円。これでこの日の観光は終了です。

adsense

京都寺巡り2018年 京都 一人旅の旅行記

2018年6月下旬の平日に、京都府のお寺へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 京都寺巡り2018年 京都 一人旅
  2. 西本願寺の朝のお勤めの晨朝
  3. 六波羅蜜寺、空也上人立像や平清盛坐像など
  4. 建仁寺、撮影自由の珍しいお寺
  5. 「名代とんかつ かつくら」で昼食
  6. 八坂神社と円山公園
  7. 高台寺、豊臣秀吉の妻ねね様のお寺
  8. 圓徳院、ねね様終生の地
  9. 茶寮 都路里でかき氷を食す、辻利のお店
  10. 坂本龍馬、中岡慎太郎の墓、京都霊山護国神社、そして霊山歴史館
  11. おとうふりょうり 不二乃
  12. 和牛専門 京都はつだ、和牛焼肉弁当を食す
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense