日光二荒山神社の世界遺産「日枝神社」「神輿舎」「大国殿 宝形造」

二荒山神社の奥に進むには別料金が必要です。200円。

ここで、共通拝観券を紛失していることに気が付きました。ただ、この先のエリアに関しては、共通拝観券を持っていても別料金だったようです。現地ではそういった情報を知らなかったため、探しに戻ろうかとも思ったものの、氷の道を引き返して探すのもつらいということで、気持ち的にはしぶしぶ料金を支払うことに。

この奥には世界遺産が多々あります。

日枝神社(ひえじんじゃ)。世界遺産です。

中が見られるのかと思ったら、すだれがかけてあり、中が見えず。

神輿舎(しんよしゃ)。世界遺産です。中には神輿(みこし)が置いてあります。

唐銅燈籠。俗称で化燈籠。重要文化財です。

本殿。

大国殿。これも世界遺産。宝形造とのこと。

大国殿の手前においてある像。大国田道間守。お菓子の神様です。

御神木。巨杉です。

子授け安産の石。手を中に入れて石を触ります。

朋友神社。世界遺産です。

二荒霊泉。

休憩所。

奥にある鳥居など。日光の三つの山を拝める場所。

雪で埋まっていますが、女峰山、太郎山、男体山を模した岩があります。

これで二荒山神社境内を一通り見終えました。

入ってきた方向とは別方向の出口から二荒山神社を後にします。

どちらかというと、こちらが正面の入り口のようです。日光東照宮から来た道は横道のようでした。

正面の門から見た二荒山神社入り口の神門。

階段途中にある縁結びの御神木。

そして、階段を降り終えて振り替えて鳥居をチェック。

もうちょっと下がってみると、巨大な石碑に二荒山神社の文字が。

これで、二荒山神社を見終え。二荒山神社に入ってから28分ほど。

続いて日光輪王寺大猷院を目指します。

adsense

七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅の旅行記

初日の鬼怒川温泉への宿泊と、翌日の日光東照宮周辺の世界遺産の観光の一人旅旅行記です。

  1. 七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅
  2. 浅草駅から鬼怒川温泉駅に「特急スペーシアきぬ」で移動
  3. 日光名物ゆばちらし寿司
  4. 特急スペーシアきぬ、車窓を見ながら鬼怒川温泉駅へ
  5. 鬼怒川温泉駅周辺とRainbowで休憩
  6. 鬼怒川温泉駅から七重八重へ移動
  7. 七重八重の部屋
  8. 七重八重の鬼怒川温泉露天風呂
  9. 七重八重の夕食
  10. 七重八重の朝食
  11. 七重八重から鬼怒川温泉駅へ、鬼怒川ライン下りなど
  12. 鬼怒川温泉駅から東武日光駅へ
  13. 東武日光駅からバスで日光東照宮へ
  14. 日光山輪王寺の逍遥園、宝物殿
  15. 輪王寺、三仏堂は修理中
  16. 輪王寺から日光東照宮へ
  17. 日光東照宮、五重塔
  18. 日光東照宮の神厩舎の三猿
  19. 日光東照宮の陽明門、眠り猫
  20. 日光東照宮奥宮
  21. 日光東照宮御本社、神楽舎で鳴龍
  22. 日光二荒山神社
  23. 日光二荒山神社の世界遺産「日枝神社」「神輿舎」「大国殿 宝形造」
  24. 日光輪王寺大猷院
  25. 日光東照宮 御神宝展
  26. 勝道上人像を眺めつつ、日光東照宮周辺を後に、歩きとバスで東武日光駅に移動
  27. 名物ゆば入り鶏わっぱ
  28. 七重八重 鬼怒川温泉 一人旅の費用
  29. 鬼怒川温泉 宿・地図
  30. 日光 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense